風味倍増の「たらと青のりのクリーム煮」レシピ

真藤舞衣子さん『煮もの 炊きもの』より vol.3
2017.02.01

煮もの 炊きもの』特集3回目の今日は、「たらと青のりのクリーム煮」です。寒い日のクリーム煮はとびきりのごちそうですよね。生クリームと青のりの意外な組み合わせが絶妙ですよ。

たらと青のりのクリーム煮
160520_0353

材料(2人分)

甘塩だら…2切れ
ねぎ…1本
生青のり…大さじ2
薄力粉…大さじ1
オリーブ油…大さじ1
A  生クリーム…½カップ、牛乳…大さじ2
塩、こしょう…各少々

レシピ


たらは3等分に切り、薄力粉をまぶす。ねぎは5㎝長さに切る。


鍋にオリーブ油を中火で熱し、①を入れて両面にこんがり焼き色がつくまで焼く。


②にAを加えて1~2分煮たら、青のりを加える。弱火にしてさらに1分ほど煮、塩、こしょうで味を調える。

Memo
牛乳や生クリームを加えたら、煮立たせないようにさっと温める程度に。乾燥した青のりでも作れますが、生青のりのほうがより風味豊かです。仕上げに、好みでゆずこしょう少々を加えてさっと混ぜ合わせても。

煮ものをおいしくしてくれる調味料
150405_1580 160520_0995

「塩」

料理のできを左右する、とても重要な存在。おすすめは、塩だけを食べてもおいしい! とうなってしまうほど、うまみの強いフランス産「ゲランドの塩」と、昆布の風味が上品な「昆布塩」です。料理は、塩を味方にすることで一気にレベルアップできるんですよ。

photo:福尾美雪

 

そのほかの『煮もの 炊きもの』レシピはこちらから

『煮もの 炊きもの』(主婦と生活社刊) 定価:1300円+税

14907-4

毎日使える! 食材の組み合わせが絶妙!! と、好評発売中のレシピ本『和えもの』に続く第二弾。鍋に素材を入れるだけで作れる、絶品のごはんとおかずを88品揃えました。

Profile

真藤舞衣子

Maiko Shindo

料理家。東京生まれ。会社勤務を経て、1年間京都の大徳寺内塔頭にて茶道を学び、畑作業や土木作業をしながら生活をする。その後、フランスのリッツエスコフィエに留学し、ディプロマ取得。東京の菓子店での勤務を経て、赤坂にカフェ&サロン「my-an」を開店する。6年半営んだ後、山梨と東京の二地域居住を開始。料理教室や食育活動、レシピ・商品開発などを行っている。2014年には山梨に「my-an」を再オープン。やまなし大使でもあり、移住などの支援も行っている。著書に『和えもの』『ボウルひとつで作れるこねないパン』(ともに主婦と生活社刊)など。
http://my-an.com

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ