「きょうのレシピ」の野口真紀さんに会いに行ってきました vol.2

編集部ブログ
2017.06.15

サラダ油をオリーブオイルで代用するのはNG!?

←vol.1はこちらから

「暮らしとおしゃれの編集室」のトップページで、レシピを日替わりでご紹介している連載「野口真紀さんの きょうのレシピ」、楽しんでいただいていますか~?

もう、これなしには晩ごはんの献立が考えられない! という方も多いと思います。かくいう私もそう。ていねいに考え抜かれたベストバランスの味わいなので、日々、「作りたい熱」が高まるんです。

IMG_5062

特に、マンネリになりがちなサラダのレシピは、とっても助かっています。でも、ちょっぴり気になっているのが、材料に書かれている「サラダ油」。

わが家に常備しているのは、オリーブオイルとごま油のみなので、いつもオリーブオイルで代用していました。野口さん、それでもいいんでしょうか?

「わあ、それはダメダメ。すぐに、もう1種類買って!(笑)。オリーブオイルは、香りも味も強くて個性的だから、レシピ通りに作ってもバランスが悪くなっちゃうの。材料にサラダ油と書いてある場合は、菜種油や太白ごま油、こめ油など、クセのないものを使うと、サラリと軽い味わいに仕上がりますよ」

IMG_5064

し、し、知りませんでしたー! 私はなぜか、洋食のときはオリーブオイル、和食や中華のときはごま油を使う、という勝手なルールを自分の中で適用していたのですが、なんでもかんでもサラダ油の代わりにオリーブオイルを使っていてはダメなんですね……。

さらに野口さんからのアドバイスがもうひとつ。

「サラダにはオイルを生で使うことが多いので、鮮度がとても大切。目安としては、冷暗所で保管して1か月以内に使い切るくらいかなー。わが家は食べ盛りの子供が2人いるから油もすぐなくなっちゃうけれど(笑)、一人暮らしや二人暮らしの人は、できるだけ小さいサイズのものをこまめに買うのをおすすめします」

 IMG_5065
野口さんのキッチンでは、ガスコンロの下にまとめて収納されていました。こういった、なるべく光が当たらないところで保管すると、酸化しにくいそうです。

もう、目から鱗が落ちまくりの、野口さんのサラダレッスン! 来週から1週間はサラダ特集ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

・・・・・・・・・

そして、ここからはおまけコーナー。
野口さんから、普段の食卓風景を送ってもらいました!
 IMG_5070
 IMG_5075

最近、よく作っているという“ぎゅうぎゅう蒸し”。厚切りベーコンと根菜を鍋にぎゅうぎゅうに詰めて蒸しただけ。上の写真のように、タイムなどのハーブを効かせてもいいし、下の写真のように、アクセントにうずらの卵を加えても。ベーコンの旨みがじんわり行きわたって、子供たちも野菜をもりもり食べてくれるそう。ある意味、温野菜サラダですね!

 IMG_5069
こちらは、「最近食べ過ぎが続いたからお肉はやめておこうかな、でもしっかりめのおかずが食べたいな」という日にぴったりの、豆腐ステーキ。ボリューム満点なのにヘルシーなので、体にも心にもやさしいメニューなのです。

 IMG_5083
生のおかひじきをザクザク切ってオムレツに。「シャキシャキ感が残っていて、箸が進む~!」

Profile

野口真紀

Maki Noguchi

料理研究家。料理上手の祖母と母のもとで育ち、食べること、料理でもてなすことが大好きに。離乳食から育ち盛りの子どもが喜ぶ料理、自身も大好きなお酒のおつまみ、パーティ料理まで、なんでもこなす2児のママ。主な著書に『きょうのサラダ』シリーズ(主婦と生活社刊)がある。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ