「ワーカーズコレクティブ凡」のいちごジャムと、ゆずシロップ ~グリスーリより~vol.4

今日のひとしな
2016.04.04

←お店の紹介はこちらから

 

私はとても食いしん坊だと思います。こんなお店をしていると、さぞかし料理上手と思われるのですが、道具やうつわに助けられていることが多いような気がします。家では夫のほうが料理ができますし、周りにはとびきり美味しいものを作っている友人たちに恵まれているので、自分では手抜きな料理ばかり。

でも、「ここのこれは美味しいよ!」ってとびきりなものを見つけるのは上手だと思います。今日ご紹介するのは、そんな私がかれこれ10年以上前に出合った美味しいもの。「ワーカーズコレクティブ凡」の作る、いちごジャムとゆずシロップです。

素材にこだわる「ワーカーズコレクティブ凡」は、たくさんの種類のジャムとシロップを作っています。その中でも「これは!」と気に入り、リピート買いし続けたのはこの2種類。7年前にお店を始めるときに、迷わずお取り扱いを決めました。材料はすべて国産のものを使い、とてもシンプルです。シンプルだからこそ、素材の良さと丁寧な工程が大切なのだと思います。

s-0000

いちごジャム ¥650+tax / ゆずシロップ¥1,000+tax

 

いちごジャムは、国産の苺とビート糖で作られています。お気に入りの理由は、味はもちろんですが、苺の姿の残り加減が絶妙というか、ゆるさがちょうどいいのです。パンに塗りやすくて、ヨーグルトにも合うゆるさ。甘さ加減もちょうどいい。我が家では、冷蔵庫で切らすことのできないひとしなです。

また、ゆずシロップは、熊本県や高知県のゆずと北海道のビート糖で作られています。入荷の時期により色の濃さが変わったりします。取れた時期によって変わるのは自然なことです。瓶の上のほうに少し浮いている固形物は、果肉や皮の精油成分。ゆずの精油には、新陳代謝を高め、血行促進、鎮痛・殺菌作用があるそうです。

このシロップはお湯やお水で割るだけでも美味しいですし、ドレッシングを作る時に加えると風味が良くなります。また、かき氷のシロップにしたり焼酎を割ったり。ジュースを買い置きしていない我が家では、小さなお子さんが来た時にゆずジュースを出してあげられるので、冷蔵庫にあると安心です。

gris souris(グリ スーリ)

手仕事のもの、くらしの日用品が並ぶ雑貨店。デイリー連載「今日のひとしな」の執筆は、店主の飯島里奈さん。

 

千葉市稲毛区稲毛台町12-12

TEL&FAX 043-239-7819

11:30~17:30 日・月曜定休

http://gris-souris.net

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ