具だくさんサンドイッチの朝ごはん

器店主の朝ごはん
2018.09.09

「IZUMO[utsuwa]」助野いづみさんvol.2


横浜市で、『IZUMO[utsuwa]』という器の店を営んでおります、助野いづみと申します。連載2回目は、我が家の休日の定番「サンドイッチ」の朝食です。

izumo_0909_my_kakuzaradai_02
卵、ハム、チーズ、きゅうり、人参ラペ、紫キャベツのマリネとレタスが挟んであります。これだけでかなりのボリュームなので、あとは果物を少しだけ。ばらけやすいので、オーブンペーパーで包んで食べやすくしています。

izumo_0909_my_sakuhinn_02
今日、使用した器は、愛知県の常滑で制作をされているミヤチヤスヨさんの、「角皿・大」です。角皿なのに、真四角ではなかったり、角がなかったり、凹んでたり、飛び出てたり……。そのどれもが、ワクワクしてしまうような面白い形。原始的にも思えるボコボコした質感です。このお皿は“褒められ器”で、多くのお客様に「何を盛っても映えるからうれしいわ」とか、「料亭で使われてもいいような器だね」とおっしゃっていただいたりしています。実際にお料理のプロのお客様にも、このシリーズの器をお使いいただいているんですよ。

また、ドリンクのグラスと、フルーツを盛ったガラスの器は、「studio prepa」さんの「tetra clear」と「Lotus・s」です。

izumo_0909_tuika
私は、ランチョンマットやテーブルクロス、ナプキン、コースターなどの小物使いでイメージを変えて楽しんでいます。今日は、グリーンの小花柄のテーブルクロスを下に敷き、アクセントの黄色いラインとリンクさせて、カトラリーには黄色いナプキンをセレクト。モロッコのトレイと、リトアニアの透かし模様の木製コースターを合わせて、ゆったりした休日のブランチをイメージしてみました。

izumo_0909_komono
小物使いや合わせる器で、イメージは変幻自在。自由な発想で器遊びをすれば、暮らしが楽しくなります。


ミヤチヤスヨ作 角皿・大(4,860円)

studio prepa作 tetra clear(4,860円)


←お店の紹介はこちらから

←その他の「IZUMO[utsuwa]」の記事はこちらから

IZUMO[utsuwa](イズモ)

神奈川県横浜市青葉区大場町387-27
TEL:045-972-4230
営業時間:11:00~17:00
定休日:不定休(サイトのカレンダーをご確認ください)
http://izumo-utsuwa.com
Instagram「@izumo_utsuwa

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ