差し入れにもどうぞ。「SALON GINZA SABOU」のおにぎり

今日のひとしな
2018.08.13

~SALON adam et ropéより vol.13~


パンでもなくご飯でもなく、おいしい“おにぎり”が食べたいな。そんな気持ちになる日はありませんか? 今日は「SALON GINZA SABOU」の“おにぎり”のご紹介です。

_KWS0209
「SALON GINZA SABOU」では、土鍋で炊き上げた、幻のコシヒカリ「雪ほたか」を使ったおにぎりを販売しています。朝の9:30からはカフェコーナーでテイクアウト、レストランメニューではおにぎり定食としていただけます。

20170112_0001
その中でもおすすめのおにぎりは、「特選 じゃこ山椒」。2017年「お弁当・お惣菜大賞」の、おにぎり部門で優秀賞を受賞しています! 応募数5,400点ものおにぎりの中から選ばれました。

20170112_0003
静岡・駿河湾産の生じゃこをふんだんに、まんべんなく包み込んでいます。そのため、一口目から具材を感じつつ、土鍋で炊いた幻のコシヒカリ「雪ほたか」の、みずみずしい甘みと歯ざわりを一粒一粒感じられる一品です。

ほかにも具材はさまざま。

20160518_03072
「鮭とごま油」。北海道産の鮭を、国産の有機ごま油で香ばしく焼き上げました。

20160518_02982
「肉みそ(白)」。米糀を感じる味噌に、ブランド鶏「信玄どり」の旨みが重なります。

20160518_02962
「おかか」。本枯節・いわし節・マグロ節を、国産みりんで煮たオリジナルおかかを使っています。

……といった7種類のラインアップ。ベーシックな具材に、アクセントになる風味を加えています。

お客様からは、「土鍋で炊かれているので、お米が甘くておいしい」「時間が経ってもおいしいので、差し入れに最適」との声をいただいています。

一度召し上がったお客様が、職場の方に配ってくださったり、いつもお世話になっている方に箱詰にして、箱にメッセージを書かれてお土産としてご利用していただくことも。「誰にプレゼントしても間違いない!」と、お米のギフトも人気ですが、今すぐ会う方への差し入れや、おもたせに、“おにぎりのギフト”も粋だな、と感じます。

私も早朝からお店を訪れると、必ずと言っていいほど、おにぎりと「ティーファーム井ノ倉」のお茶「山笑う」をテイクアウト。ついつい、その場で食べてしまいます。土鍋で炊き立て、握り立てのおにぎりをいただける、なんとも贅沢な朝になります。

一度味わうと、またあのおにぎりがたべたいな……と思い出す日もあるほど、おいしいおにぎり。色々なシーンで味わってみてください!


text:増田


←お店の紹介はこちらから

SALON GINZA SABOU(サロン ギンザ サボウ)

東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ B2F
TEL:03-6264-5320
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:00)

http://salon.adametrope.com/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ