毎日食べたくなる「モリスケ」のシフォンケーキとクリスマスケーキ

今日のひとしな
2018.12.05

~DAILIES(デイリーズ)より vol.5~

こんにちは。「デイリーズ」スタッフの福士です。

本日は、姉妹店のシフォンケーキ専門店「モリスケ」の一度食べたらやみつきになるふわふわシフォンケーキと、それを使ったクリスマスケーキをご紹介します。

web-kiji0010
「モリスケ」のシフォンケーキは、パティシエの森が「ぜひ毎日食べてもらいたい」という思いを込めて15年間作り続けています。なので、日替わりの数種類に加え、季節のシフォンケーキがケースに並んでいます。

桜の季節はさくらの花を練りこんだシフォンだったり、夏は桃をシフォンにサンドしたり、秋は栗やサツマイモ、かぼちゃだったり。やっぱり一番人気は、これからが季節のいちごです。「モリスケ」は季節ものしかやらないので、12月~5月くらいまでしかいちごのシフォンケーキは出ません。

web-kiji0005
web-kiji0006
生地には国産小麦を使い、もちっとした食感に。オイルはグレープシードオイルというブドウの種から抽出した油を使い、くせのないさらっとした味わいに仕上げています。また、ベーキングパウダーなどの添加物を使わず、たまごの力だけでふんわりしっとり焼き上げているので、お子様でも安心して食べていただけます。甘さも控えめに作っているので、男性にも人気ですよ。

お誕生日ケーキも承っているのですが、こちらは基本的にオーダーメイド。お客様がいつも食べている、お気に入りの味でお作りしています。

毎年恒例になっているクリスマスケーキは、モリスケで人気ナンバー1とナンバー2のプレーンとチョコマーブルから選べます。

web-kiji0007
プレーン味は、たまごや小麦などの素材の味を味わえるシフォンケーキ。生クリームもあえて乳脂肪分の高い生クリームとブレンドして作っているので、さっぱりとしていて後味がくどくありません。生クリームたっぷりで! とご注文いただくほど。

チョコマーブルは、甘みの少ないビターなクーベルチュールチョコレートを選んで使っているので、チョコの苦みのきいたシフォンケーキに仕上げてあります。

はじめはクリスマスケーキにオーナメントクッキーを乗せてお客様にお渡ししていたのですが、「みんなでわいわいクッキーを飾る楽しみがあったほうがいいかも」と、数年前からオーナメントクッキーを別添えにして、お客様が自分で飾っていただくスタイルになりました。

web-kiji0008
お子様にも好評で、「最後の仕上げは自分でやった感じが味わえる!」、と楽しんでもらえています。

web-kiji0009
モリスケのクリスマスケーキは、今年は12/1(土)~12/18(火)まで予約受付中です! ご予約に関しては、モリスケ+横森珈琲のホームページをご確認ください。

ぜひ、みなさんでワイワイ楽しみながらお召し上がりくださいね。

 

プレーン、チョコマーブル共に

5号3,800円(税抜き)、6号4,800円(税抜き)、7号6,500円(税抜き)

※イチゴサンドもできます。詳しくはHPの金額表をご確認ください。

 

←お店の紹介はこちらから

モリスケ+横森珈琲

モリスケ+横森珈琲
東京都三鷹市下連雀4-16-3 1F
TEL:0422-48-0078
営業時間:9:00~20:00
定休日:水曜(その他イベントで休みの日もあり)
https://www.morisuke.tokyo

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ