「itonowa」のジンジャーシロップ ~グリスーリより~vol.28

今日のひとしな
2016.04.28

←お店の紹介はこちらから

 

「itonowa(イトノワ)」は合羽橋にあるカフェで、自家製のジャムやジンジャーシロップも販売しています。ご縁あって、グリスーリ開店の時からジンジャーシロップを扱わせてもらっていて、入荷を常に待ってくださっているお客様も多い人気アイテムです。

25a
小:¥429+tax / 大:¥954+tax

お湯で割ってホットジンジャー、炭酸で割ってジンジャーエール、ビールで割るのもオススメです。さらに唐揚げの下味に加えたり、ドレッシングに加えたりお料理にも使えるので、我が家では冷蔵庫に常備しています。

もともとジンジャーシロップが好きで、お店を始める前にいろいろなところのものを買う機会も多かったです。どれも材料はいたってシンプルなのですが、同じ味はなく、私は「itonowa」のがとても好みだったのです。しっかり生姜の辛みはあるけれど飲みやすい。配合のバランスでしょうか。

自分で作ってみてもこの感じにはならないと、何度かお客様から言われたことがあります。仕込みの様子を見せていただいたことがあるのですが、使っている生姜の量にとても驚きました。想像をはるかに超える量の生姜を使い手間をかけて作られているのです。

お店を閉めた後、よくホットジンジャーを飲みます。からだが芯から温まって、発注作業などの前に、よしもうひと頑張り! と元気をもらっています。

28b

gris souris(グリ スーリ)

手仕事のもの、くらしの日用品が並ぶ雑貨店。デイリー連載「今日のひとしな」の執筆は、店主の飯島里奈さん。

 

千葉市稲毛区稲毛台町12-12

TEL&FAX 043-239-7819

11:30~17:30 日・月曜定休

http://gris-souris.net

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ