ゆず果汁をいつでも使えるって幸せ!「馬路村のゆずしぼり」を編集部員が自宅で試してみました

sponsored
2019.03.27

もうすぐ4月。新生活や新年度が始まるにあたり、ドキドキしている方も多いのではないでしょうか? 新たな出会いはたくさん楽しいこともありますが、慣れないことに気を張り、少し疲れてしまう時もありますよね。そこで今日は、疲労回復に効果抜群のゆずを丸ごとしぼった「ゆずしぼり」をご紹介します。

P3080033
ゆずの果汁には、老化防止や疲労回復に欠かせない各種の有機酸がたくさん含まれていて、そのうち90%がクエン酸。レモンやかぼすなど、他の柑橘類にも多いイメージですよね。しかし驚くことに、有機酸が柑橘類の中で突出して多いのは、ゆずなのです。さらに、ビタミンCも多く含まれているので、免疫力の向上やストレス緩和にも効果的だそうです。まさに、ゆずは“元気の源”とも呼べる存在ですね! 

m0016
今回ご紹介するのは、高知県・馬路村で作られたゆずの天然果汁と果皮や種までを丸ごと使った「ゆずしぼり」。ゆずの良い香りと、すっきりとまとわりつかない酸味が特徴です。

ゆずを自分で何個もしぼるのは大変ですが、「ゆずしぼり」があればいつでもゆず果汁を楽しむことができ、とっても便利です。

以前「ゆずこしょう」の記事でもお伝えした通り、馬路村は四国山脈の中にある、人口1,000人あまりの自然豊かな村。朝と晩の厳しい寒暖の差が、香りと酸味のバランスがとれたおいしいゆずを育み、日本でも有数のゆずの産地として知られています。

m0015
最大のこだわりは、安心安全な品質。有機肥料のみで栽培をしているのですが、その背景には、除草剤を一切使わないため草刈りはすべて手作業で行うなど、数多くの苦労もあるのです。

m0014
農家の方々が汗水流し、丹精込めて育てた馬路村のゆず。そのゆずがなんと、100mlあたりおおよそ6個分も入っているのが、「ゆずしぼり」です。

P3080009
試しにティースプーンで一口味見をしてみると……。すっきりした味わいと酸味がとってもおいしい! ゆずの良い香りが口の中でふわっと広がり、幸せな気分になります。焼き魚や唐揚げにかけたり、酢の物やサラダ、鍋のタレに使ったりなど、楽しみ方はたくさん。料理の出来もワンアップしそうな予感です。

ということで、編集スタッフ3名が早速、自宅で試してみました。


「ゆずしぼり」で、ちらし寿司(編集スタッフK)

m0011
「ゆずしぼり」を目にしてピンッと思いついたのが、ちらし寿司。ゆずしぼりと酢、砂糖、塩を溶かした特製「ゆずすし酢」を炊き立てのごはんに混ぜると、キッチンがゆずのいい香りでいっぱいになります。

m0010
普段使っているすし酢に比べ、柑橘の酸味でさっぱり爽やかな味に。ゆずを丸ごとしぼっているので、ほんの少し苦味もあって、おいしい~! たっぷりのっけたサーモンともよく合います。


「ゆずしぼり」で、ドレッシングに(編集スタッフ T)
m0012
簡単に野菜をモリモリ食べたいときによく作る、豚しゃぶのっけサラダ。キャベツと豚肉をゆでて、黒ゴマを散らし、いつもは市販の胡麻ドレッシングで仕上げるところを、今回は「ゆずポン酢」で味わってみようと、大根おろしと「ゆずしぼり」、しょうゆを混ぜてかけてみました。さて、お味は……。大根おろしともよく合っていて、さっぱりした味わいでおいしい! ヘルシーなので、遅めの夕食でも罪悪感なくお腹一杯になります。ゆずのいい香りのおかげで、気分もスッキリ。明日への活力になりました。

m0013
お菓子作りにも重宝すると聞き、「ゆずしぼり」で、ゼリーも作ってみました!「ゆずしぼり」と水、砂糖、はちみつを混ぜ過熱し、お湯に溶かした粉ゼラチンを加えて、冷やすだけ。人生初のゼリー作りでしたが、「ゆずしぼり」のおかげで爽やかな味わいに、ばっちりおいしくできました。これなら、食欲がない日でもするっと食べることができそう。もう少し暑くなったら、ヘビロテ間違いなしのメニューです。


「ゆずしぼり」で、ゆずはちみつホットドリンク(編集スタッフM)
IMG_1111
料理ができない編集スタッフMは、「ゆずしぼり」をドリンクに使ってみました! はちみつを加えてお湯で割っただけ。とても香りがよくて、リラックスタイムにぴったりのドリンクができあがりました~。しかも、ビタミンCたっぷりで体も温まるので、風邪のひきはじめにもってこいですね。体調をくずしやすい季節の変わり目、「ゆずしぼり」があれば、このホットドリンクがいつでもすぐに作れて安心です。

IMG_1113
ただ、こちらの「ゆずしぼり」は天然果汁100%、混じりっけなしのしぼり汁なので、できるだけ早く使いきることも大切。うーん、でもいざというときのために常備しておきたいなあ……と思い、冷凍保存に挑戦。製氷皿に流し入れてみました。

IMG_1118
これで、ゆずはちみつホットドリンクが14杯飲めます!

IMG_1124
フリーザーバッグに移しかえて冷凍庫へ。キューブ状になっていると、ホットドリンクだけでなく、サラダのドレッシングや鍋のつけだれを作りたいときなんかに一つずつ使えるので便利! ゆず果汁が冷凍庫にいつでもあると思うと、メニューの幅が広がりそうで、なんだかワクワクです。

メイン料理から飲み物やお菓子づくりまで、「ゆずしぼり」の使い方は無限大に広がっていました。ちなみに、馬路村のお酒大好きなお父さんたちは「二日酔いにぜったいえい!」と太鼓判を押しています(笑)。
本当に色々なシーンで頼りになる一本、皆様もぜひお試しください!


「ゆずしぼり」(有塩又は無塩)
500ml 1.420円(税込)
「馬路村農協」のHPから購入できます。


→馬路村の「ゆずこしょう」の記事はこちらから
→馬路村の「ゆずこしょう油」の記事はこちらから

馬路村農業協同組合

〒781-6201 高知県安芸郡馬路村3888-4
TEL:0120-559-659(8:30~18:00、日・祝日休み) 
http://www.yuzu.or.jp/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ