【パリのごちそう】ふっくら地鶏のローストで、おいでませパリへ!

食いしん坊のためのパリ
2016.06.06


今日は素敵なガイドブックをご紹介します!

こちらの『パリのごちそう』は、仕事でプライベートで、おいしいものを毎日食べまくっているパリ在住フードジャーナリスト・高崎順子さんが、「本当は教えたくないくらい!」というとっておきのお店だけを詰め込んだ本なんです。これさえあれば、ひと味もふた味も違うパリの旅になること、間違いなし! 今日はそのうちの1軒を特別にご紹介しますね。

paris (2)

 

 

Brasserie Balzar(ブラッスリー・バルザール)

パリに来たらまず行きたいレストランは、どんなところでしょう? 十数時間の長旅でヤレヤレ、時差もあって体はちょっと疲れ気味。だからこそ、素敵なお店でおいしいものを飲んで食べて、旅行気分を盛り上げたい。気取らず食事ができて、サービスは快適で、しかもパリらしさもたっぷりで……。そんな最初の一軒にふさわしいのが、こちら。私自身、日本から友人やお客さんを迎えるときの“ようこそレストラン”として愛用しています。

ところはパリ5区、ソルボンヌ大学にほど近いカルチエ・ラタンのど真ん中。19 世紀の末にカフェとして創業し、ベル・エポック華やかなりし1930 年代に今の姿になった、伝統のブラッスリー・パリジャン。多少の改装を経ながらも、当時の店内をほぼそのまま伝えています。壁のオーク材、暖色系の照明、それをまばゆく映す大きな鏡、革張りのソファ席。華やかでありながら落ち着いた雰囲気に、一歩お店に入った瞬間からもうワクワクです。

IMG_1735
↑ 鏡の効果でキラキラ度5割増、これぞブラッスリー・パリジャン! 


席に着いたらメニューを拝見。エスカルゴ、オニオングラタンスープ、フォアグラと、前菜から王道の品が並びます。「そうそう、こういうのが食べたかったの~!」。日本から迎えた何人の人が、私の前でそう言ったでしょう。そして私の答えも、いつも同じです。「そうでしょう? さあ食べますよ! まずはシャンパーニュでも頼みましょうかね?」

目を輝かせてメニューを選ぶ私たちの横を、いぶし銀のギャルソンさんたちが足早に、かつきっちりと目配りしつつ、通り過ぎていきます。「パリのレストランはおいしいけど、サービスがね……」なんてコメントをたまに耳にしますが、ここではそんな心配はご無用。キレのいい所作でホールを巡るギャルソンさんたちの多くは、キャリア15年以上のベテランで、持ち場のテーブルの状況をしっかり把握しています。私たちはただ、食事を楽しむことだけ考えていれば大丈夫。店内の半分以上を占める常連のムッシュー&マダムのように、ゆったり構えていましょう。

IMG_1724
↑ ひげ自慢のお二人は、勤続15年以上のベテラン。こちらまで楽しくなるような、素敵な笑顔です。


前菜を済ませ、最初の1杯を飲み終えた頃、お待ちかねのメインがやってきます。クラシックな味付けの牛のタルタルや、プリプリのレバーステーキもよいけれど、私がついつい毎回頼んでしまうのは「ランド産地鶏のロースト」です。南西フランスの大自然の中、のびのび育った良質の鶏をシンプルに焼いただけ。でも食べるたびに確実に、幸せな気持ちにしてくれます。お供は香ばしい、見本のようなフレンチフライ。そうそう、これでいいの。これがいいの。
おいしいよねぇ。パリっていいよねぇ。思わずそうつぶやいてしまいそうな、素敵な気分になれること請け合いです。

IMG_0119
↑ Poulet fermier jaune des Landes rôti, pommes frites(ランド産地鶏のロースト、フライドポテト添え)23.50ユーロ
胸肉まで驚くほどしっとりとした焼き上がりは、“蒸し”と“焼き”を組み合わせたロースト方法の賜物。じゃがいもの甘さが際立つフライドポテトは、食べ始めたら止まりません。

 

<おすすめの食べ方>
クラシックなメニュー構成なので、夏は日替わりメニューにあるサラダ、冬はオニオングラタンスープなど、前菜のチョイスで旬や季節感をプラスして。

<耳より情報>
朝から通しで営業しているので、コアタイム(12:00~14:00、20:00~22:00)を逃した日は大助かり(コアタイム以外は、選べるメニューは限られます)。

<予約のコツ>
公式サイトからの予約がシンプル。上記のコアタイムを外せば予約なしでも入れます。http://www.brasseriebalzar.com

 

本には載っていない
パリ在住の高崎さんからの最新情報~

フランス国内の加盟ブラッスリーで使えるポイントカード「エスプリ・ブラッスリー」に加入すると、食事のたびに10%の割引があるほか、ワインボトルサービスなどの期間限定キャンペーン特典も。リピーターは是非! http://www.espritbrasserie.com

IMG_1748

 

text:高崎順子 photo:日置武晴

Brasserie Balzar(ブラッスリー・バルザール)

住所:49 rue des Ecoles 75005
TEL:01 43 54 13 67
営業時間:8:30~23:00
定休日:無休(7月下旬~8月中旬は夏季休業)

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ