近江屋洋菓子店のフルーツポンチ

【ブログ】手土産に困ったときは
2016.01.18

 

こんにちは。「暮らしとおしゃれの編集部」編集人のウメダです。

ふふふ。先日、前々から狙っていた、とっておきのお買いものをしました。それがコレ!

 

s-20151028_写真 2_記事

パステル調の包み紙にピンクのリボンが、なんともいい味を出しているでしょう? レトロ喫茶好きのワタクシの、お気に入りのお店「近江屋洋菓子店」のものです。これまで、もっぱら店内でドリンクバーを楽しんでいたのですが、先日発売した、料理家・渡辺有子さんの本『手みやげ書きとめ帖』をきっかけに、「今度は絶対、これを買おう!」と固く決心したのでした(←大げさ)。

 

気になる中身はこんな風。お店の方にお願いして、ショーケースの様子を撮らせていただきました。

s-20151028_写真 1

 

 

ぎっしり詰まったフルーツに、胸が躍ります。「近江屋洋菓子店」さんは、季節ごとのフルーツをふんだんに使ったお菓子が特徴で、ご店主自らが市場で直接仕入れるそうです。この「フルーツポンチ」は、旬のフルーツがいろいろ入っているので、見た目も華やか。瓶詰なので、皮をむいたり、切ったりという手間もかかりません。人数がはっきりしない持ち寄りパーティなどでも、適当に取り分けられて良いのでは!

 

前述の『手みやげ書きとめ帖』の紹介ページは、こんなふう。

 

s-20160118_写真

 

編集者やライター、スタイリスト、料理家、フォトグラファーなどなど、渡辺さん宅を訪れた人々が持ってきてくれた手みやげを、渡辺さんがその場で撮影して、そのおいしさを紹介するという、今までにはないスタイルの手みやげ本。パッケージだけでなく、テーブルコーディネートの写真付きで、おもてなしの参考にもなりますし、何といっても美味しいものに妥協なし! の渡辺さんが紹介してくださるので、ゲラ(校正)の段階から、買ってみたいもの、食べてみたいもの満載。ひそかに自分用の「お買いものリスト」を作りました(笑)。

 

皆さんも、手みやげに迷ったときには、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

s-20160118_image13

 

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ