香川編vol.3 暮らしをそっと明るく豊かに、灯りを集めたお店「touca(トウカ)」~「暮らしの設計室」福岡美穂さん

わたしの街
2016.12.17

地元おしゃれさんが自分の住む街の、とっておきのお店を案内してくれる連載「わたしの街」企画。12月は香川編です。 ナビゲーターは、愛媛にある建築設計事務所に勤務する福岡美穂さん。仕事柄、“空間”の捉え方にこだわりあり! 前回の愛媛編につづき、この香川編でも、訪れるだけでも心地いい・気分の上がる素敵なお店をご紹介してくれます。

←vol.2はこちらから

****************

 

photo&text:福岡美穂

 

 

こんにちは。愛媛で暮らしから住宅を設計する「暮らしの設計室」の福岡美穂です。

最近は、家でも外でも光が溢れていますね。だからこそ暗い中に、ぽっと点る灯りを見ると心が安らぎます。自邸の食卓に用いたペンダントライトは、陰影のある明かりが心地よくて取り入れました。ソファに腰かけ読書をしたり、食卓を家族で囲んだり、とあらゆる場面と共に灯りがあります。家にとって、灯りは暮らしぶりを決める大切な要素です。

 

そんな灯りのお店が、高松にあります。

その名も「touca(トウカ)」。灯りを意味する灯火(とうか)から名付けたそうです。毎日の暮らしが少し豊かになる、心がどこか温かくなる、そんな灯りや雑貨を集めたお店です。

 

s-IMG_0151

 

こちらの店主の矢部さんは、元々インテリアコーディネーターとしてハウスメーカーや家具屋さんで働いていたとか。灯りを選ぶという感覚は、家を建てるまでじつは少ないかもしれません。でも、暮らしでは重要なもの。もっと気軽に、もっと身近に灯りを感じてほしいと思い、お店を始めたと伺いました。

 

s-IMG_0120

 

店内には、和紙のライトやアンティークのペンダントライトなど様々な灯りが並んでいます。中でも気になったのが、村松さちえ氏の「あかりの花屋」。1枚1枚手染めした和紙を花弁のようにちぎり、形を作っています。取材時、外は木枯らしが吹く寒さの厳しい日でしたが、そこだけは春の陽気さを感じる温もりに包まれていました。

 

s-IMG_0253

 

 

灯り繋がりで素敵なキャンドルもありました。こちらは、「ろうそく屋ホホ」さんに直々に依頼したオリジナル。キャンドルというと火を点けるのがもったいなく感じるアート性の高いものも多いのですが、これらは点けた時に一番美しく輝きます。あるものは、葉の隙間からのぞく木漏れ日を、あるものは月夜の情景を表しています。ろうそくのゆらめきとともに、いつまでも眺めていたくなる癒しの光でした。

 

s-IMG_0215

 

店の奥に歩を進めると、本がずらり。セレクトはブックディレクターの第一人者、幅充孝さんにアドバイスいただいたのだとか。「灯りのこと」「日々のくらしのこと」「食べること」「旅に出ること」「美しいということ」をテーマに厳選された本が並んでいます。気になる本は手に取って読んでみてください。

 

s-IMG_9926

 

雑貨は暮らしの中にあったらいいなと思うものを中心にセレクト。矢部さんが自分の目で選んだアンティークの品々もあります。どれも、センスの良いものばかりであちらこちらと目移り!

 

s-IMG_0107

 

 

灯りのトータルコーディネートも可能です。賃貸でも楽しめるペンダントライトやキャンドルの使い方など、灯り全般の相談にのってくれるそう。これを機に今一度、灯りについて改めて考えてみませんか?

 

s-IMG_9906

 

 

【2月更新】神戸編はこちらから
【3月更新】大阪編はこちらから
【4月更新】神戸編Ⅱはこちらから
【5月更新】京都編はこちらから
【6月更新】名古屋編はこちらから
【7月更新】弘前編はこちらから
【8月更新】福岡編はこちらから
【9月更新】愛媛編はこちらから
【10月更新】京都編Ⅱはこちらから
【11月更新】那須編はこちらから

touca(トウカ)
香川県高松市塩上町3丁目16-9 1F

TEL 087-887-2745

OPEN 10:00 〜 17:00

定休日 月・火曜、第1.3.4日曜

http://touca.me/

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ