普段の暮らしがちょっと豊かに楽しくなる、小さなワクワクがぎゅっと詰まった雑貨店「ペドラー」へ!

ある日の朝ごはん
2016.12.31

12月の「ある日の朝ごはん」を担当してくださった神奈川県相模原市にある雑貨店「ペドラー」を訪ねました。

“ペド子”こと店主の松井由起子さんが2003年7月にオープンしたお店です。

 

古いビルの急な階段を登ると、白壁に木製の什器が並ぶ温もりあふれる空間が広がります。

日本のもの、海外のもの、新しいもの、古いもの……、松井さんのお眼鏡にかなった雑貨たちは、決して華やかさはないけれど、なぜか心惹かれてしまう、そんなものばかり。

「普段の暮らしがちょっと豊かに楽しくなる、そんなものを集めています」と松井さん。

 s-DSC05664

キッチンまわりのものが並ぶ棚には「野田琺瑯」のポトル(ケトル)や「フォグ」のリネン類のほか、曲げわっぱや漆器、こぎん刺しの鍋敷きなど日本の伝統工芸によるものも。

 

s-DSC05665

作家物の器、お箸など、手の温もりを感じるテーブルまわりのもの。

 

『ナチュリラ』ではおなじみの「ヤンマ産業」のお洋服や「ワランワヤン」のレザー×ヤシの葉のバッグなど、おしゃれまわりのアイテムも!

s-DSC05666

「オーガニック ガーデン」のソックスなど、この時季はあったか小物が気になります。

 

s-DSC05669

こちらは「BISOU」の水牛の骨でつくられたブローチ。花や鳥などがモチーフで、自然素材を手作業で彫っているため、ひとつひとつ色合いや形が異なります。コートの襟元にさりげなくつけても素敵ですね!

 

小さな店内に宝探しのように詰め込まれた雑貨たち。お気に入りを探しにぜひお出かけしてみては?

PEDLAR(ペドラー)
神奈川県相模原市緑区橋本2-3-5 岩澤ビル 2階

京王線橋本駅から徒歩1分 華やかではないけれどずっと使い続けたい

暮らしにまつわる生活雑貨を扱っている。

TEL: 042-854-7250  定休日・日、月

※年末年始のお休みは下記HPにてご確認ください。

http://www.pedlar.jp

info@pedlar.jp

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ