「今日のひとしな」3月の担当は「itonowa Life(イトノワ ライフ)」の渋谷有美さん

今日のひとしな
2017.03.01

 

いよいよ3月突入ですね。今日から1か月間、春に向けて気分の上がる服や雑貨を毎日ご紹介いただくのは、東京・台東区のかっぱ橋商店街からほど近くにあるお店「itonowa Life」の渋谷有美さんです。
P2280311
2008年にオープンしたカフェ「itonowa」から歩いてすぐの場所に、洋服と雑貨を扱うお店「itonowa Life」を開いたのは5年前。今ではご近所さんはもちろん、近くの上野・浅草に観光に来たお客さまなどもひっきりなしに訪れる人気店となっています。

P2280304

小さな店内には、デイリーに着られる服、家事が楽しくなる日用品、ほんの少し贅沢気分が味わえるおいしいものなどが、気持ちよさそうに並んでいます。

P2280305

渋谷さんがお店を開く前に勤めていたのは、「アンビデックス」というアパレル会社。そこで洋服の販売と、カフェの立ち上げを経験させてもらったからこそ、「itonowa」と「itonowa Life」を開くことができたと話します。

「いま思い返してみると、社長をはじめデザイナーさんも販売スタッフも、みんなすごくいい人で、しかも仕事ができる人たちばかりでした。独立して自身のブランドを立ち上げたデザイナーさんも多く、いま『itonowa Life』でお取り扱いしている服の多くが、そこで一緒に仕事をしていた、信頼できる方々のブランドのものです」

P2280185
そのひとつが、尊敬する先輩たちがご友人と立ち上げたブランド「homspun(ホームスパン)」。この定番のTシャツは、着心地のよさと、体にほどよく馴染むシルエット、考え抜かれた絶妙な襟ぐりのデザインで、とても人気の高いアイテムです。「itonowa Life」では、それをフルラインナップで長袖と七分袖、夏には半袖も、それぞれS、M、Lと3サイズ揃えて並べています。

また、「itonowa Life」の隠れたヒット商品、キュロットパンツも「homspun」のもの。「こんな素敵な商品を作り続けている先輩方と、こういう形でまたつながれることが、とても幸せだなと思うんです」

P2280314
そして、器作家・イイホシユミコさんとの出会いも同じころ。
「私がお店を開く決断をしたことをとても喜んでくれて、オリジナルの器まで作ってくださったんです。どれほどうれしくて、どれほど力をいただいたことか。感謝してもしきれません。その後、あれよあれよという間にイイホシさんの器が人気になり、今では入荷待ちのアイテムも多のですが(笑)、オープン時からずっとお店に置かせていただいています」
P2280346
「itonowa Life」から歩いてすぐのところにあるカフェ「itonowa」では、イイホシさんの器を使ったごはんやスイーツをいただけるので、お買い物のあとは、そんな素敵なエピソードに思いを馳せながら、こちらでひと休みしていくのもおすすめです。

P2280317

「アンビデックス」で服の販売をしていたころは、シーズンごとに一応、希望のアイテムと数を指定した発注書を作ってはいたものの、基本的には本部の生産管理担当が随時、仕入れの配分や追加する数、残数の多いものは他店舗へ移動するなど、いろいろと調整してくれていました。売れ残りへのリスクも、正直あまり感じることはありませんでした。

ところが、自分自身のお店で仕入れをするとなると、それらはすべて“買い取り”で、売れ残ったらそのまま“損”してしまうことになります。そのため、初めのころは「売れ筋のものを」という意識が強すぎて、ベーシックな色ばかりを発注してしまったという渋谷さん。

「入荷した服を全部並べてみたら、ものすごく暗~いお店になっちゃったんです(笑)。いろいろなデザインのものがあるはずなのに、全部同じ服に見えてしまう。そこで初めて、お店のディスプレイには、全体のアクセントになる“差し色”が必要なんだってことに気づきました。以前は生産管理の方がきちんと、“売れ筋”と“アクセント”をバランスよく各店舗に配分してくれていたんですね」
P2280320
今では、キュンとくるような色合いの服、ちょっぴり高価だけれど日々の暮らしにリズムが生まれるような道具などの“アクセント”的にセレクトしたアイテムも、定番と同じようにお客さまに手に取ってもらえるようになったそうです。

P2280310


P2280333
服の洗濯の仕方から道具の使い方、フードのおいしいいただき方まで、渋谷さんにいろいろ質問しながらお買い物するお客さまが多いのも、「itonowa Life」らしいところ。リピーターのお客さまが多いというのもうなずけます。

P2280325
「今日のひとしな」でご紹介するアイテムは、すべて電話やメールでのお取り寄せも可能ですので、気軽にお問い合わせしてみてくださいね。渋谷さんがやさしく対応してくれますよ!

itonowa Life(イトノワ ライフ)

“ひとがまあるくつながる”雑貨と洋服の店。歩いて1分ほどのところにある姉妹店、カフェ「itonowa」も人気。「今日のひとしな」コラムの執筆は、店主の渋谷有美さん。

 

※移転。2017年9月30日(土)よりOPEN
<新住所>
東京都台東区松が谷3-7-7 第5サニーハイツ 102
TEL&FAX 03-6231-7775
OPEN 11:00~17:00(木曜定休)
http://itonowalife.com

<現住所>
東京都台東区松が谷2-2-6
TEL:03-6231-7775
営業時間:11:00~17:00
定休日:木曜

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ