ありがとう!ラウンダバウト。次回はPOP UP SHOPで会いましょう!

【ブログ】「ラウンダバウト」最終日にお邪魔してきました
2016.02.04

 

こんにちは!

節分明けの木曜日、皆さまいかがお過ごしでしょうか?「暮らしとおしゃれの編集部」編集人のウメダです。

 

昨日、2月3日は東京・吉祥寺にあるショップ「ラウンダバウト」が現店舗での最終営業日でした。「ラウンダバウト」といえば、「暮らしのおへそ」のお買いものイベント<おへそ的、買い物のすすめ展>で、第1回から参加してくださっていて、店主・小林和人さんの商品ディスプレイが、<おへそ展>の雰囲気を作り上げてくれているといっても過言ではありません。このたび、ビルの建替えにともない、移転されるということで、あの独特のお店の雰囲気をもう一度、この目で見てきました。

 

s-20160203_写真 1

 

s-20160203_写真 2

駅から歩いていくと目に入る、ビルの裏側。そして、この赤い絨毯敷きの階段! しかも所々破れているし(笑)。初めて来たときは、「本当にここでいいのかな、、、」と不安に思ったなー。

 

s-20160203_写真 4

最終日の昨日は、平日にも関わらず、長年の「ラウンダバウト」ファンのお客様や、小林さんのお知り合いなど、次々とお客様が訪れていました。器やキッチンツール、ガーデン雑貨から文房具などの日用品のほか、メンズ、レディース、子ども服まで、あらためて品揃えの多さに驚きます。さらに「おへそ展」のときにも思ったのですが、小林さんはじめ、スタッフのみなさんが、それぞれのアイテムについて、使い勝手や作り手の背景まで、じつによくご存知で、そんなお話を聞くのも「ラウンダバウト」を訪ねる楽しみになっていました。

 

s-20160203_写真 5

「turk」の鉄製フライパンは、私も自宅で愛用しています。パンケーキを焼くと、表面はパリッ、中はふっくらでき上がると聞いて、一番小さなパンケーキサイズを購入したのですが、今では肉や魚のソテーも無理やり焼いています(笑)。たとえば豚肉なら、脂身もこんがり熱が入っておいしくいただけるし、魚の切り身は皮がパリパリに仕上がって、本当に”焼くだけ”で美味しくなるのがうれしい。

 

s-20160203_写真 6

最後にスタッフのみなさんで記念撮影を。この場所では、もう会えないと思うと寂しい気持ちもしますが、寂しさも人生のひとつの色ですからね。きっと「ラウンダバウト」の次なるステージで、また笑顔でお会いできると思います。

 

そして、気になる移転先は、、、と小林さんに聞いてみましたら、何と昨日の時点で未定とか(爆)。希望の物件があって、決定するかしないか、現在大詰めの局面を迎えているそうです。新しい店舗が決まるまでは、各地でPOP UP ショップを開くそうで、早くも今週金曜日(明日!)から、おひざ元の吉祥寺で出張展がありますよ。

 

◎Roundabout +花屋 hibi
◎ 期間:2月5日から3月31日まで 12時 – 20時 火曜休
◎場所:花屋 hibi
◎住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-16-13-3F

 

新しい店舗が完成した暁には、またこのブログでぜひ、ご紹介したいと思います。それまで、少しの間、サヨナラ! そして、ありがとう「ラウンダバウト」! 

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ