桐生編vol.3 アウトドア&旅が楽しくなる「Purveyors(パーベイヤーズ)」

地元のおしゃれさんの わたしの街
2017.08.19

~「リップル洋品店」岩野久美子さん~

今回ご紹介させていただくのは、今年3月に、3階建ての鉄工所をリノベーションしてオープンしたショップ「Purveyors(パーベイヤーズ)」です。

1

「Purveyors(パーベイヤーズ)」とは、“御用達”という意味。オーナーの小林さんは野外イベント「森、道、市場」の「アコースティックビレッジ」をはじめをはじめ、全国各地の様々な、五感で楽しめるイベントの企画運営にも携わっています。

そんな小林さんが選ぶ“御用達”が、みんなの“御用達”にもなったら……という思いから、様々なアイテムをキュレーションしたコンセプトショップです。

テーマは「旅、フィールドワークをもっと日常生活へ」。
テーマを耳にしただけでもワクワクしますね。さっそくお店へお邪魔してみましょう。

画像2
この外階段がエントランスです。

画像3
扉を開くと、迫力のある剥製がお出迎え。奥には大きなテントが張られているのが見えます。ワクワク。」

画像4
歩みを進めると、そこにはドーーンとひろがる「Purveyors」の世界。

画像5
デンマークの人気アウトドアブランド「NORDISK(ノルディスク)」のテント。日本で手に入る商品のうち、ほとんどのアイテムが揃っているそう。

画像6
室内にいながらにして、これほどアウトドアや「自然」を感じられる空間は珍しいのではないでしょうか。森の香り、渓流を流れる水の音、鳥たちの鳴き声が今にも聞こえてきそうです。

画像7
桐生の街の中で長い間、扉を閉ざし、時の流れに取り残されていた空間。静かに、ジッと静かに只々そこにあった鉄の大きな建物は、小林さんの感性によって再び扉を開かれ、入り込んだ新たな風を大きく深く吸い込み、洗練された新しいスペースとして蘇りました。

画像9
光が降り注ぐ店内。建物も嬉しそうですね。下へ降りてみましょう。

画像8
コーヒーやクラフトビールが楽しめるカフェスペースも。地元の人気店「わびさびや」の手作りジェラートが味わえます。

画像10
アウトドアシーンではもちろん、日常にも馴染む生活道具も多数並びます。

画像11
野外で使用できるアイテムは耐久性に優れ、コンパクトなデザインのものも多く、使い勝手が良いので贈り物などにも喜ばれそうですよね。特にこの琺瑯の大皿は、のせる料理も選ばず便利。

画像12
スタッキングできるこちらのカップは、プラスチック製。小さなお子さんも安心して使えますね。

画像13
開放的なスペースを活かして、様々なイベントも行われています。音、食、物、人……心地よい自然な繋がりが生まれます。「Purveyors」の“御用達”は、早くも街のみんなの“御用達”になりつつあるのではないでしょうか。

休日、「Purveyors」に吹く爽快な風を感じに、ぜひ足を運んでみてください。

 

→その他の【桐生編】はこちら

【神戸編】 【大阪編】 【京都編】 【名古屋編】 【弘前編】 【福岡編】 【愛媛編】 【那須編】 【香川編】 【熊本編】 【岡山編】 【高知編】 【倉敷編】 【沖縄編】 【徳島編】

 


Purveyors

MAP:
群馬県桐生市仲町2-11-4
TEL:0277-32-3446
定休日:月、火曜
営業時間:土日祝10:00~20:00、水木金12:00~19:00
http://purveyors2017.com/
http://m.facebook.com/purveyors2017/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ