ハワイに行ったらステーキ!

暮らすように旅する Travel Hawaii
2018.05.09

「food」vol.3


ハワイに行く友人たちが口を揃えて言うこと。「おいしいステーキが食べられるところ教えて!」。やはり、ハワイに行くとお肉を食べたくなる人が多いようです(笑)。そこで今回は、ハワイの肉事情についてお届けいたします。

●コンドミニアムでお肉を焼いてみよう

おいしいステーキが食べられるお店もたくさんありますが、実は私が一番オススメしたいのが、コンドミニアムやバケーションレンタルなどに泊まって、自分でお肉を焼くこと! 「Whole Foods Market(ホールフーズマーケット)」など、ハワイのナチュラルスーパーには、牧草を食べて育った「Grass Fed Beef(グラスフェッドビーフ)」が販売されています。このお肉は、肉そのものの味わいがヘルシーで、翌日も体に残らないあっさり感がいいところ。シンプルに塩、胡椒を振って焼くだけでおいしいところも気に入っています。現地で友人宅にお呼ばれした時には、このお肉を手土産にすることも。

01
こちらは、友人宅に招いていただいた時の、ハワイのお肉。レストランで食べるのも、もちろんおいしいのですが、やっぱりコンドミニアムや友人宅で焼いた方が、とんでもなくおいしい。サシがたっぷり入った日本の牛肉とはまた違って、お肉らしい味わいと弾力があるハワイの牛肉。これ、絶対食べてみてほしいなぁ。

02
ハワイのコンドミニアムにはたいてい、BBQコンロがあって(プールサイド近くに多し)、宿泊者は気軽に利用できます(予約が必要なところもあれば、空いていたらOKというところも)。私は、ローズマリーやセージなどのハーブと、オリーブオイルでマリネしておいたものに、塩、胡椒して炭火で焼くだけ、というスタイルでいただくことがほとんど。問題は焼き具合ですが、普通に焼いても(焼きすぎても!)十分おいしいので、BBQ初心者でも心配なし。

料理人の友人曰く、強火でさっと表面を焼いて、それをアルミホイルで包んでしばらく置き、余熱で火を通した後、やや厚めにカットして、ポン酢で食べるのがオススメとのこと。そうすると、中はジューシー、外はカリッとした食感が実現します。

ちなみにハワイでは、お休みの日に家族や近所のみんなと一緒に、公園でワイワイBBQをしている姿をよく見かけます。だから私も、ハワイでも日本でもBBQをすると、ハワイのローカルの、あのワイワイと賑やかな風景を思い出し、肉を焼きたくなるのです。

●滞在中、必ず食べるステーキ

ステーキを焼くのは男の役目、と思ってます。が、うちのダンナはなかなかそういうことを器用にできるタイプではなく、いつも肉焼きは私の役目。だから、ハワイでステーキがおいしいと評判のお店に行くと、ついつい焼き加減や下味のことなど、しつこく伺ってしまいます。

03
こちらは長年通い続けているレストラン「12th Grill Avenue(トゥエルブス グリル アベニュー)」のステーキ。ドミグラス風のコクがありながら、さらりとした食感がおいしいソースと、じんわりと火が通った焼き加減がかなりのマッチング。ぜひみなさんにも足を運んでみてほしいです。

●プライムリブのプレートランチ

ワイキキからぶらぶら散歩しながら行ける、モンサラット通りにある「Pioneer Saloon(パイオニア サルーン)」が、お店のオープン5周年記念と、内野亮さんと私の共著『Travel Hawaii』(主婦と生活社)の発売を記念して、スペシャルなお肉のプレートランチを作ってくれました。

04
それが、こちらのプライムリブプレートランチ。プライムリブはアメリカンスタイルのローストビーフで、こんなに分厚いのに、驚くほど柔らかく一口、口に入れるとジュワッと肉汁が口の中に広がる、幸せの味。週末のみの限定メニューです。

●私的No.1ステーキ

ハワイのおいしいものを教えてくれる友人の一人で、フードライターであり、PR会社の代表でもあるショーン・モーリスは、生まれも育ちもハワイの、日系4世。そのショーンが教えてくれるお店にハズレなし!

05
最近、教えてもらって一番感動したのは、「MW Restaurant(エムダブリュー レストラン)」のこのステーキ。ジューシーで肉のおいしい脂感もありなのに、いくらでも食べられるヘルシーな後味は、絶妙な焼き加減のおかげ!? 大根おろしポン酢のさっぱり感ともよく合うこのステーキ、ぜひ、ご賞味あれ。

●ハワイならではのハンバーグ

いろいろなステーキをご紹介してきましたが、最後におまけでハンバーグも。ハワイのお店で出てくるハンバーグ、日本のものとはちょっと違います。まず、ハンバーガーパテを使っているだけあって、ハンバーグそのものがやけに薄いのです。

06
そして、こんなふうにご飯の上にドンとのせて、ドミグラスあるいはグレービーソースをかけ、「ハンバーグステーキ丼」のように仕上げるのがたいていのパターン。最初はハンバーグの薄さに戸惑いましたが、今となってはこれくらいの方がちょうどいいのです。

ちなみに私的ナンバーワンは、空港とワイキキの間あたりにある「Liliha Bakery(リリハ ベーカリー)」というダイナーのもの。本店と2号店とありますが、個人的には本店が、味わい的にもお店の雰囲気もオススメです。

 

←その他の「暮らすように旅する Travel Hawaii」の記事はこちらから

Profile

赤澤かおり

Kaori Akazawa

料理と旅、暮らしまわりのことを中心に執筆・編集を行う。ハワイ渡航歴100回以上。『THIS IS GUIDE BOOK IN HAWAII』『Travel Hawaii』(ともに主婦と生活社)など、ハワイにまつわる著書も多数。
Instagram「@akalohasunny

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ