名古屋編vol.5~おしゃれだけど万人に愛される“街のパン屋さん”「T ôt le Matin Boulangerie(トレマタン ブーランジェリー」

地元のおしゃれさんが 案内する 小さな旅
2018.07.07

フリー編集者 こんどうみきさん

 

←vol.4はこちらから

 

photo&text:こんどうみき

 

s-1

 

私も子供たちもパンが大好きなので、新しいパン屋さんができたと聞くと、すぐさまチェックに出かけてしまいます。今年の4月10日にオープンした「T ôt le Matin Boulangerie(トレマタン ブーランジェリー)」もそう。公園の斜向いという立地からすでにポイントが高く(買ったパンをすぐ食べられるから!)、深いグレーの外壁とヘリンボーンのような窓、そして不思議なかたちのロゴに、お店に入る前から胸が高鳴りました。

 

s-2

 

扉を開けると、裸電球に照らされた木製カウンターに様々なパンがぎゅぎゅっと並んでいて、パン好きにはたまらない魅惑的な光景。食パンやバゲットはもちろん、ハード系も総菜系もスイーツ系も充実の品揃えで、目移りせずにはいられません。カウンターの向こう側の厨房からは、次々と焼きたてのパンが運ばれてきます。

 

s-3

 

厨房でひたすらパンを作り続けるのは、店主の林あゆみさん。「もともと自宅で料理やお菓子を作るのが好きだったのですが、特にパン作りは研究のしがいがあっておもしろくて。パン屋を開きたい! と思うようになりました」。それから名古屋市内の人気店で6年ほど修業に励み、他にも飲食店で働いた後、この古いマンションの1階で念願の自分のお店を開きました。

 

s-4

 

店舗デザインは設計事務所「Airhouse」の桐山啓一さんに依頼。無機質な雰囲気がパンの表情を引き立たせ、飾られた雑貨や絵本があたたかみを添えています。岡山県在住のガラス作家のオカベマキコさんによる照明は、お店に合うカラーで特別に製作してもらったそう。

 

s-5

 

スタッフにおすすめのパンを選んでもらいました。左上から時計回りに、カンパーニュ生地にオレンジピールがたっぷり入ったオランジュ、食感も楽しめる粗挽きソーセージバゲット、よつ葉バターの風味が生きたクロワッサン、季節の具材を使ったキッシュ(この日はアボカド&トマト)、現在いちばん人気のレモンクリームチーズパイ、コーヒーと相性抜群のシナモンロール。それぞれに味わい深くて、思わず笑みがこぼれるおいしさ!

 

s-6

 

食パンは4種類あります。毎朝食べたくなるオーソドックスなもの、甘みがあってもっちりしたもの、麦の豊かな風味を楽しめる全粒粉のもの、大粒のレーズンを練り込んだもの。どのパンも計量にとらわれず、季節や気温を意識して、生地の触り心地を確かめながら作り進めていくのだそう。

 

s-7

 

全粒粉スコーン、ココナッツメレンゲ、パルミエ、ウィークエンドシトロンなど、焼き菓子もおいしいのです。「お菓子はバターを控えめにしたものが好きなので、太白ごま油を使っています」と林さん。

 

s-8

 

たとえばオーバーナイト法(低温長時間発酵法)や自家製の天然酵母など、おいしさのためには手間ひまを惜しまない製法によるパンは様々な年齢層のお客さんをとりこにしている様子。取材時も店内は常に活気があって、すでに“街のパン屋さん”となりつつあるように見えました。

 

s-9

 

ちなみにロゴマークは抽象的なものだそうで、「パンだったり、朝日だったり、オーブンミトンだったり、いろいろな見方をしてもらえて楽しいですね」と笑う林さん。窓は麦の穂と「Matin」の“M”のイメージだとか。そして、店名の「T ôt le Matin」はフランス語で「朝早く」という意味。毎朝3時からパンに向き合うという彼女の生き生きとした姿もまた魅力的で、今日も食事におやつにと、パンを買いに出かけたくなるのです。

 

→その他の【名古屋編】はこちらから

T ôt le Matin Boulangerie(トレマタン ブーランジェリー)
名古屋市名東区一社2-136 パークサイドマンション1F

MAP:

TEL:非公開

営業時間/8:00~18:00 月・火曜定休

https://www.instagram.com/tot.le.matin.boulangeri

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ