浜松編vol.2 貴重な北欧の器に出会える「Scandinavia Kirpputori(スカンジナビア キルップトリ)」

地元のおしゃれさんが 案内する 小さな旅
2018.08.11

地方在住のおしゃれさんに、地元のとっておきの場所を案内していただく人気連載「地元のおしゃれさんが案内する小さな旅」。今月、静岡県の浜松編を担当してくださるのは、地元の建設会社「都田建設」さん。浜松駅から車や電車で1時間ほどのところにある都田町の活性化をはかるべく、「DLoFre's(ドロフィーズ)」というライフスタイルブランドを立ち上げ、街に素敵なお店やスポットを、次々と作り話題になっています。8月は、そんな「ドロフィーズ」が手掛けたお店を中心に、この夏ぜひ出かけたいスポットを毎週末ご紹介してもらっています。2回目の今日は、北欧の器好きにはたまらないお店が登場しますよ。

・・・・・・・・

 

IMG_7368-001
今日ご紹介するのは、小さなアンティークショップ「北欧ヴィンテージ陶器ギャラリー Scandinavia Kirpputori(スカンジナビア キルップトリ)」です。

IMG_7868-001a
「ドロフィーズ」ブランドの中心的存在「ドロフィーズインテリア」の向かいに建っていた、お米屋さんの倉庫を譲り受け、自社でデザイン、リノベーションしました。

Kirp_photo17-thumb-900x600-10434
店内には、インテリアアーティストが北欧に足を運び、直接買付をしてきた北欧のヴィンテージの陶器が並んでいます。

Kirp_photo2-thumb-900x600-10419
ラインナップは、北欧を代表する陶器ブランド「ARABIA(アラビア)」のものが中心。さらに、「GUSTAVSBERG(グスタフスべリ)」や「Rorstrand(ロールストランド)」など、人気ブランドの陶器も多数揃っていますよ。

Kirp_photo12-thumb-900x600-10429 (1)
店名の「Kirpputori」は、フィンランド語で“蚤の市”という意味。その名のとおり、北欧の器や小物が置かれたその空間には、活気がありつつ、心地のよいスローな時間が流れています。

a
モノを永く丁寧に使う暮らし。時間の経過とともに、価値や味わいが増していくもの。「ドロフィーズ」が伝えていきたいライフスタイルが、このお店には宿っています。

Kirp_photo6-thumb-900x600-10423
50~70年前に、職人とデザイナーの手によって生み出された、世界に一つしかない一点もののヴィンテージ陶器。飾って眺めるのではなく、日常の暮らしの中で使い続けていくこと、そして次世代へ受け継いでいくことが、より良い暮らしの一歩になるといいなという思いで、この小さなギャラリーは日々営まれています。

Kirp_photo15-thumb-900x600-10432

 

→その他の「浜松編」はこちらから

北欧ヴィンテージ陶器ギャラリー Scandinavia Kirpputori(スカンジナビア キルップトリ)

MAP:
静岡県浜松市北区都田町2706-1(ドロフィーズキャンパス内)
TEL:053-428-3520
営業時間11:00~18:00
定休日:火、水曜
http://dlofre.jp/
http://dlofre.jp/shopping/kirpputori/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ