徳島編vol.12 一人でも居心地よく、静かに寄り添ってくれるカフェ『cafe boosan(カフェ ブーサン)』

地元のおしゃれさんが 案内する 小さな旅
2018.09.22

~「ウタノタネ」森香菜子さん

←徳島編vol.11はこちらから


text & photo : 森香菜子(utanotane / KIGIPRESS)

 

s-boosan07


JR徳島駅から歩いてすぐ。にぎやかに彩った店が並ぶ中、静かに佇む一軒のカフェ『cafe boosan(カフェ ブーサン)』。穏やかな時間を求める人が引き寄せられていく場所です。

 

s-boosan_02

関東出身の神山弘靖さんが夫婦で徳島に移住し、「自分が客だったら通いたい場所をつくりたい」と始めた店。店内には、二人がこれまで読んできた本や雑誌が並び、カウンターの奥にはレコードやCDがずらり。12席が並ぶ空間に、その日その時で選んだBGMが流れています。

 

s-boosan_03
「女性一人でも居心地よく過ごしてもらえる空間を提供するのが理想なんです」と神山さん。その話を聞いて、はじめてこちらを訪れた日、一人ゆっくりと過ごした時のことを思い出しました。仕事が終わって昼食をとるために扉を開け、2人掛けの小さな席に一人座って頼んだカレーとコーヒー。好みの音楽が流れているのも嬉しく、仕事と日常の間でリズムを整える、良い時間を過ごせる場所だなと思ったのでした。

 

s-boosan_04
フードは6種類のカレーのみ。スパイスを効かせた辛口のカレーで、大人の味。
写真はチキンカレー。

 

s-boosan_05
スイーツはチーズケーキやガトーショコラなど常時約6種類。食後にちょうどいいハーフサイズも。写真は季節限定で登場した黒ごまとココナッツのチーズケーキ。コーヒーは東京の「堀口珈琲」の豆を使用。

ドリンクは他に、チャイや紅茶、ビールやワインも揃っています。

 

s-boosan_06
5周年を記念してつくったオリジナルTシャツ。
「5年経ってようやく理想的な店になってきた」と神山さんは話します。

珈琲を飲みに立ち寄る場所。音楽に耳を傾けながら過ごす場所。一人読書をする場所。美味しい食事に癒されに行く場所。きっかけは違えど、きっとみんな穏やかな時間を求めて扉を開ける場所。そんな「cafe boosan(カフェ ブーサン)」は、その人その人が求める穏やかな時間に静かに寄り添ってくれるカフェなのです。

cafe boosan(カフェ ブーサン)

MAP:
徳島県徳島市寺島本町東1丁目11-2
TEL:088-679-6696
営業時間 (平日)11:45〜22:00、(土日祝)12:00〜22:00
定休日:火曜
http://cafeboosan.com/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ