滋賀編vol.6 焼き物の産地・信楽で陶器を中心にライフスタイルを提案「NOTA_SHOP(ノタ ショップ)」

地元のおしゃれさんが 案内する 小さな旅
2018.11.10

~「神保真珠商店」杉山知子さん~

←vol.5はこちらから

 

photo&text:杉山 知子

 

s-NOTA_01

滋賀県は琵琶湖の印象が強いですが、信楽は山に囲まれた、緑が豊かな地域です。日本六古窯のひとつに数えられる信楽焼でも有名で、観光地としても人気があります。

その信楽に昨年の7月にオープンした「NOTA_SHOP(ノタ ショップ)」さん。私も昨年ちょうど同じ時期に店の改装をしており、店主の加藤さんと大変だよね~と労い合っていたので、完成して初めて伺った際はその素晴らしさにとても感激しました。

 

s-NOTA_02

信楽高原鉄道の勅旨(ちょくし)駅から山側の道を北に進むと、大きな工場にたどり着きます。外壁はとても素朴で、ここに本当にお店があるのかな?と不安になるのですが、一歩中へ入ると驚くほど洗練された空間が広がります。

 

s-NOTA_03

s-NOTA_04

もともとは古い製陶所だったところを、加藤さんが3年かけて改装されたそう。

店の中には加藤さんが選ぶ作家物や服や小物、海外の古道具などが空間に溶け込むように陳列されています。

 

s-NOTA_05

こちらは信楽で作陶されている古谷宣幸さん・朱里さん夫妻の陶器。

 

s-NOTA_06

洋服も人気で、前回来た時に欲しかったものは早々に売り切れてました。店のディスプレイはどこを見ても素敵で、こんな風に飾ってみようかな、と生活のヒントにもなります。

 

s-NOTA_07

「信楽の人に色々な素晴らしいものを紹介したいし、たくさんの人に信楽の事も知ってもらいたい」という加藤さん。店の中央にあるギャラリーでのイベントもそのひとつ。

私は加藤さんが作る「NOTA(ノタ)」の自社プロダクトのファンでもあるのですが、ショップ内にはとてもさりげなく置いてあります。

 

s-NOTA_08

店の大きな窓から見る景色も四季折々で、季節が変わるたびに訪れたくなります。

冬はとても寒くなる信楽ですが、自然の魅力と、加藤さんが作り出す作品とお店の魅力をぜひ体験しに来てください。

←その他の【滋賀編】はこちらから

NOTA_SHOP(ノタ ショップ)

MAP:

滋賀県甲賀市信楽町勅旨2317

TEL:0748-60-4714

営業時間:11:00~18:00

火曜・不定休

https://nota-and.com/shop/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ