小樽編vol.4 海街・銭函の発信スポット「Zenibako Style Shop & Gallery(ゼニバコスタイル)」

地元のおしゃれさんが 案内する 小さな旅
2018.12.22

今月の週末連載「地元のおしゃれさんが案内する小さな旅」は、北海道・小樽を特集します!  札幌から特急で30分ほどと行きやすいのもあり、以前から大人気の観光地ですが、知る人ぞ知る素敵なスポットもたくさん! そこで今回は、小樽観光協会の理事でもある「Zenibako style shop & gallery」の白鳥陽子さんに、おすすめスポットをご紹介していただきます。ちなみに撮影は、6月の「今日のひとしな」で「写真が素敵!」と話題だった札幌「SUU」さんが担当。素敵なコンビによる小樽案内、楽しみにご覧くださいね~。

・・・・・

IMG_1228
小樽中心部と札幌の中間あたりにあるエリア・銭函(ぜにばこ)。札幌からも電車で30分ほどの距離にありながら、海、川、山があり、自然豊かな地形に惹かれ移住してくる人も年々増えている“海街”です。海では海水浴の他、サーフィンやサップ、ウィンドウサーフィンを、山では登山、スキー、乗馬などが楽しめます。暮らすにも、季節の移り変わりを肌で感じられ、のんびりとした空気が心地良い場所でとても気に入ってます。

0BE59DAB-EB9C-4CFC-9B7F-36BE3EB6B6D1
10年ほど前、そんな銭函に注目した地元の工務店「脇坂工務店」とともに“Zenibako lifeを愉しむための提案の場”としてオープンしたのが「Zenibako Style」です。小樽編の連載を担当してまいりました、私、白鳥陽子が、このショップ&ギャラリーの店主をつとめさせていただいています。

7230AC10-E83E-4693-9FB9-9A7FB5BF7D66
私自身が子育てをしているときは、同じ世代が楽しめる雑貨店として運営。ワークショップやアートイベント、マルシェなどを企画し、多くの方々と「銭函」を愉しんできました。また、そういったイベントをきっかけに、札幌市内の百貨店や小樽市内の歴史的建造物で企画展を開催することも。そこでの札幌や小樽の素敵なクリエイターやショップとの出会いが、今につながっています。

A2C3539A-4284-49B8-AA22-CCB803B7F0C2
DBE90FDE-34BE-438A-B815-12E80C8FED09
そして2年前、海辺に事務所を構えていた工務店がJR銭函駅のすぐ横に移転。同時に「Zenibako Style Shop & Gallery」も、より落ち着いた雰囲気にリニューアルしました。取り扱う商品は、アクセサリーや服飾雑貨、器、日用品、食品など、クリエイターの作品が中心で、“Zenibako lifeを愉しめる”=「Zenibako Style」らしいセレクトとなってます。

BDA876A6-D851-423E-8E5F-2FAEA3B3FBD0
店内には、地域ブランド「UNGA↑(うんがぷらす)」のアイテムも並んでいます。「小樽」の魅力を伝えるブランドとして、歴史を紐解きながら、市内の企業やクリエイターとコラボレーションし、セレクト、パッケージデザインされた商品となっています。小樽の美味しい食品やクラフトなどイチオシ商品ばかりです。是非、新しい小樽土産として手にとって頂きたいです。

97B65DA9-7087-4DFF-88E1-4E1BA7B4913F
また、ギャラリーでは、企画展の他、「Zenibako Style Lesson」として、毎月、いろいろな講師による講座を開催しています。スタイリストによるスタイリング講座、ピラティス、古式フラ、木工教室、金継ぎ教室、お花を楽しむ教室、料理教室など、海辺のライフスタイルが充実するような講座が揃い、海を求めて遠方から通われる方も。講師陣も実に個性豊かで素晴らしい方ばかり。講座のある時間は、たくさんの笑い声で空間が華やぎます。

58A086F9-9D00-4B44-9328-E038C6B72B0D
98DF5A8B-65B3-4558-B8D8-AC586A5E80F0
また、空間をシェアしているカフェ「SNOW DROPS COFFEE(スノー ドロップス コーヒー)」では、自家焙煎&ブレンド珈琲を提供。珈琲専門店らしく、どれもこれもこだわりの珈琲メニューです。寒い季節は、ホットのカフェオレがオススメです。とても優しい気持ちになれますよ。

01B3DAA8-6E22-4C3A-AAEF-A60966D5F6D3
530709B3-225B-413F-8225-916AAFC1FEF4 2
人気の手作りのスコーンは、道産小麦を使い、身体に優しい素材で作るよう気配りされています。従来のスコーンとは違い、しっとりしていてホッとする美味しさです。テイクアウトもできるので自分用だけでなく、銭函土産に買う方も多いんですよ。

F652ABC4-3656-47F7-A640-C2A37C84F149
珈琲を求めて来られる方は、珈琲を待つ時間にショップを愉しんでいただいたり、ショップを訪れる方は珈琲の香りに誘惑されて美味しいひと時を過ごしていただいたり。小樽観光の賑やかさとはひと味違う、海街での時間をゆっくり愉しんでいただきたいです。

2C7F47D1-4BB1-4674-89AF-9CFD98F0CF56
当店でも配布している「銭函の秘密マップ」。銭函の街を愉しむ時には片手にどうぞ。ガイドブックとは一味違う、銭函好きのメンバーが作っているからこその情報が満載。くすっと笑いながら愉しんでもらえる時間になりますよ。こちらはJR銭函駅や銭函の飲食店、雑貨店などで、数量限定ですが手に入ります。銭函のさらなる魅力や楽しいお店情報を知ることができますので、是非。

EE211019-EA6C-4FBC-A41E-5E4F559D5B0F


text:白鳥陽子(Zenibako style shop & gallery) photo:上田志帆(SUU

→その他の小樽編の記事はこちらから

Zenibako style shop & gallery(ゼニバコ スタイル ショップ&ギャラリー)

MAP:
北海道小樽市銭函2-2-8 JR銭函駅横 脇坂工務店内
TEL:090-1307-6025
営業時間:11:00~17:00
定休日:不定休
http://zenibakocafe.wp.xdomain.jp/

 

SNOW DROPS COFFEE(スノー ドロップス コーヒー)

MAP:
北海道小樽市銭函2-2-8 JR銭函駅横 脇坂工務店内
TEL: 080-3293-6179
営業時間:11:00~19:00
定休日:火曜(祝日営業、翌水曜休み)
https://www.snowdrops-coffee.com

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ