大人の雰囲気に生まれ変わった「Prince Waikiki(プリンス ワイキキ)」

暮らすように旅する Travel Hawaii
2018.11.22

赤澤かおり的 Hawaiiホテルガイドvol.4~


2017年、すべてが新しくなった「プリンス ワイキキ」。かつてこのホテルを訪れたことがある人なら、この変身ぶりにかなり驚くはずです。

01
ロビーは、ハワイの海の揺らめきを思わせる青のカーペットや、天の川のように天井に連なるオブジェでコーディネートされ、ハワイ感溢れる気持ちのいい空間に。ちなみにこちらのオブジェは昔、この場所に流れていた海へと続く川に生息していた小さな魚をイメージしたものだそう。光を受けてときどきキラッと光る様子が、本当に海に向かって泳いでいるよう。

02
オーシャンビューのゲストルームからの眺めは、こんな感じ。オーシャンビューはオーシャンビューでもワイキキのど真ん中とはまた違った、ヨットハーバー&オーシャンビューなのです。公園になっているマジックアイランドのグリーンもこんなに美しく望めるのがいいでしょ~。アラモアナセンターまで徒歩圏内というのも、ショッピング好きにはたまらない立地です。

03
アイボリーを基調にしたゆったりとしたゲストルーム。壁に描かれているのはロビーのオブジェと同じく、川のほとりにあったものをイメージしています。ロビーの小さな魚といい、ゲストルームに描かれたこの花といい、かつてこの場所にあったものを各所に取り入れ、今なお生かし続けるリノベーションに感激!

04
そして、なんと言っても天井から床まで全面窓からのダイナミックなパノラマビュー! これがサイコー。ベッドに寝転んだまま、海を眺めることができるんです。この海へと続くダイレクトな感じが、ほんと、気持ちいい! さらに、ベッドサイドにはこんな立派なソファーやコーヒーテーブル、仕事ができるデスクまで置かれていて、過ごしやすさも抜群です。

05
ジャーン! これがリニューアルしたプールです。圧巻のナイスビューとゆったり感が大人度高し。ジャグジーもあります。

06
そしてその奥が、ヨットハーバー&オーシャンビューのインフィニティプール。気持ち良さそ~。

07
プールサイドではこんなトロピカルなカクテルで、お休みの日らしくダラダラゆるゆる過ごすのがベター(下に置いたお花のレイはこの日、私がプレゼントしていただいたもので、カクテルには付きませんので、あしからず)。

08
こちらはプリンス ワイキキ クラブラウンジのラナイ席。高層階のプリンス ワイキキ クラブルームに宿泊すると、この広々としたシートからナイスビューが臨めるのです。ここでは朝6時~夜9時までビールやワイン、ソフトドリンク、スナック類がすべてフリー! 朝昼夜のフードメニューも変わるなど、きめ細やかなサービスがうれしい限り。

09
ラグジュアリーなカバナ(カーテンで仕切られた小部屋)には、ワインセラーも完備! 希望があれば、バーベキューもできるそう(いつかやってみたいなぁ~)。そして、この椅子の向こうはオーシャンビュー、という贅沢さ、なのです。

ちなみにオーシャンビューカバナは11:00~19:00の終日利用で$90(税・サ別・以下同)、11:00~15:00の半日は$50。オーシャンフロントカバナは、同じく終日使用で$200、半日仕様で$110。で、カバナ使用料にはなんと12インチのピザ1枚とボトルウォーター4本、日焼け止めローション、カクテル2杯がついているという太っ腹ぶり。これは使わない手はない! ですよね〜。

10
どうです!? 新しくなった「プリンス ワイキキ」。大人な感じですよね〜。遮るものがない位置にあるからこその、こんな素晴らしいサンセットが、プールからドーンと楽しめるのもいいんです♡ こんなに充実していて気持ちいいところなんだもの、私がずーっとホテルでのんびりすごしていたくなる気持ち、わかっていただけますよね~。

 

Prince Waikiki
(プリンス ワイキキ)
100 Holomoana St.,Honolulu
http://jp.princewaikiki.com/

 

←その他の「Travell Hawaii」の記事はこちらから

Profile

赤澤かおり

Kaori Akazawa

料理と旅、暮らしまわりのことを中心に執筆・編集を行う。ハワイ渡航歴100回以上。『THIS IS GUIDE BOOK IN HAWAII』『Travel Hawaii』(ともに主婦と生活社)など、ハワイにまつわる著書も多数。新刊『Hawaii note ハワイ手帖』(KADOKAWA)が12月初旬に発売予定。
Instagram「@akalohasunny

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ