スイートルームも夢じゃない!「シェラトン・プリンセス・カイウラニ」

暮らすように旅する Travel Hawaii
2018.12.26

赤澤かおり的 Hawaiiホテルガイドvol.8~

 

Aloha~! 平成最後の年の瀬、いかがお過ごしですか? 赤澤かおり的ハワイのホテル特集8回目は、「シェラトン・プリンセス・カイウラニ」。昨日に続き今回もまた、ハワイ王家の方の名が付くホテルです。ちなみにプリンセス・カイウラニは、ワイキキの目抜き通りの名前(カラカウア通り)にもなっている陽気な王様として知られたカラカウア王(クイーンカピオラニのご主人)の姪にあたる人。病のため、若くして亡くなったプリンセスですが、美しく聡明な人だったと、ハワイの歴史に刻まれております。さて、そんな人の名前がついたホテルとは!?

01
エントランスを入ってすぐに目に入ってくるのが、プリンセス・カイウラニの肖像画とカヒリ(鳥の羽根がついた棒で、王家の人々がそこにいることを表したもの)。ハワイ王朝や歴史が好きな私は、ハワイに到着すると、海に入るか、こうして王朝の方々の肖像画や銅像が飾られたところに挨拶をしに行くのがお決まりのコース。ホテルに入ってまずこれっていうのが、個人的に気分が上がります。

02
山側のカラカウア通りに建つ「シェラトン・プリンセス・カイウラニ」の高層階からは、こんなふうに美しく広がるワイキキビーチが見渡せます。目の前の「モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ」の中庭にあるバニヤンツリーがこんなふうに上から望めるのも、このホテルならでは。位置といい、お値段といい、このホテルはかなりバリュー度高し。なかなか手が出ないスイートルームも、ここなら頑張れば泊まれそう。海沿いじゃなくても、一歩下がって、いい部屋に長く泊まる!これは使える滞在術ですよー。

03
簡易キッチンとリビングがついたスイートルームがこちら。2部屋分以上ある長く続いたラナイ(ベランダ)からは、海とワイキキの街、山方面までワイドな眺めが楽しめるのがポイント。特に夜は、窓から海だけしか見えないと目の前、真っ暗ですが、この位置からだとキラキラ広がる街の灯りが楽しめるのもいいんです。私個人的にはこの広さとお家的なリラックス感も気に入ってます。

04
見てください! 角部屋の高層階のラナイからのこの眺め! この立地の素晴らしさをしみじみ感じるラナイ。うっかりここで飲みすぎないようにしないと、とドキドキひやりとします。うーん、それにしてもすばらしい眺め。これぞ、ワイキキ!


このシンプルなプールも、このホテルが好きな理由のひとつ。すぐ向こう側は、カラカウア通りだというのに、このネイバーアイランド(カウアイ島やハワイ島のような離島のこと)的なのんびり感もたまりません。だから、ここのプールサイドで一日、たらりんとしていると、何度も「あれ、ここどこだったっけ?」となってしまうんですよ。

05
1Fのウォーターポイント。こちらのお水は、古代の力が込められたとされる聖なる泉“APUAKEHAU”の源泉のもの。どなたでもフリーでどうぞということなので、時々、ここで自分のミニ水筒にお水をチャージさせてもらってます。

06
ワイキキで「あ、お昼ごはんまだだった!」とか、「ちょっと一杯飲みたいな」ってときに便利なのが、ホテル1Fのプールサイドにある、レストラン&バー「スプラッシュ・バー」。ここはなんと、11:00~18:00までオールタイム、ハッピーアワーが楽しめるすばらしいところ。いつもお世話になっております♡

12
こーんなかわいいTIKI(ポリネシアで古くから守り神として奉られている神様で、海底から陸を釣り上げ、島を創造したという神話も残っている)のグラスでのオーダーも。こちらは持ち帰りも可能ですよ(プラス10ドル)

13
ホテル内のエレベーターに飾られている「スプラッシュ・バー」のポスターは、ハワイ在住のイラストレーター、ニック・カッチャーさんによるもの。ヴィンテージテイストな雰囲気がいいですよね~。このイラストの通り、TIKIやヴィンテージなハワイのムードが漂うここは、私にとってはワイキキの隠れ家でもあり、お助け場所でもあるのです。

07
メニューは、ハンバーガーやロコモコ、ポキ丼など、いろいろありますが、最近のお気に入りは、ボリューミーなソーセージがサンドされたシルクロードホットドッグ。これとポテトをつまみに、1杯のつもりがついつい、2杯、3杯に。ワイキキで小腹が空いたら、ここを覚えておくと便利ですよ。

 

SHERATON PRINCESS KAIULANI
(シェラトン・プリンセス・カイウラニ)
120 Kaiulani Ave., Honolulu, HI 96815
http://www.princesskaiulani.jp/

 

 

←その他の「Travell Hawaii」の記事はこちらから

Profile

赤澤かおり

Kaori Akazawa

料理と旅、暮らしまわりのことを中心に執筆・編集を行う。ハワイ渡航歴100回以上。『THIS IS GUIDE BOOK IN HAWAII』『Travel Hawaii』(ともに主婦と生活社)など、ハワイにまつわる著書も多数。最新刊は『Hawaii note ハワイ手帖』(KADOKAWA)。
Instagram「@akalohasunny

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ