八木橋昇さんの耐熱鍋 ~copse(コプス)より vol.22~

今日のひとしな
2016.07.22

←お店の紹介はコチラから

真夏に耐熱の鍋!? と思われそうですが、我が家では一年中活躍。野菜がおいしく煮込めて、鍋を囲むだけでご馳走の気分。夏もポトフやラタトイユ、スープにと重宝しています。
 yagihashi4
「コプス」の定番としてご紹介しているのが、陶芸家の八木橋 昇さん。滋賀県の信楽で制作する八木橋さんは、足で土を踏み、体と轆轤を一体にして成形する蹴轆轤(けろくろ)で、驚くほど軽い耐熱器をつくります。

厚みを抑えた器は熱の通りも抜群。それまで使っていた重厚感満載の土鍋と比べると、調理時間が半分になり、早く食べたいのになかなかグツグツ煮立たない……というストレスが解消されてなにより。

 yagihashi2
調理や片付けにストレスがないから、鍋の出番が増えるのも当然。我が家では人を招いたとき必ず煮込み料理をつくりますが、作り置きして慌てず出せるのもいいところ。なによりモダンなデザインは、和洋の料理に似合うだけでなく、テーブルに置くだけで、集いの食卓をセンスよく盛り上げてくれます。
 yagihashi1
大きな土鍋(上の写真は直径約30cm)は大人数のときに活躍しますが、しまう場所がないという方には直径21cmほどのシチュー鍋がおすすめ。コンロでも邪魔にならず、ご飯炊きからスープまで幅広く活躍してくれます。高さがあるので容量も十分。
 yagihashi5
 yagihashi6

また、一人用のおかゆをつくったり、おかずを温め直すときは片手鍋やミルクパンがあると便利です。暑い夏も、耐熱鍋で元気に乗り切ってくださいね。
 yanagihashi7

平土鍋 17,000円~(税抜)
シチュー鍋 15,000円~(税抜)
片手鍋 5,500円~(税抜)
ミルクパン 4,500円~(税抜)

copse(コプス)

器や日常着など、衣食住を提案する雑貨店。連載コラム執筆は、店主の小森知佳さん。
東京都練馬区石神井台3-24-39 ロイヤルコトブキ1F
TEL:03-6913-1544
E-mail:info@copse.biz
営業時間:11:30~17:30
定休日:月~水曜(企画展中は無休)
http://www.copse.biz

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ