「白雪ふきん」 ~in-kyo(インキョ)より vol.5~

今日のひとしな
2016.09.05

←お店の紹介はこちらから

s-0002

か弱いふりをするわけではないのだけれど、握力が弱い。40代も半ばを過ぎると年齢のせいかもと頭をよぎるが、それは子どもの頃からのこと。布巾や雑巾をギュッと固く絞りたいのに(本人は絞っているつもりでも)なんだかだらしない水気が残る。

手ぬぐいでは硬く、厚みのあるタオルでは手に納まりが悪い。きれいに拭ければそれでいいのだけれど、毎日の家事での些細なことほど、少しでも改善されると快適さががまるで違ってくる。

s-0001

「白雪ふきん」は私が説明するまでもなく、長く使っている人も多い日本の超ロングセラー商品。ふんわりしているのにタオルと違って絞るときにもしっかりと力が入る。メッシュ状の蚊帳生地のお陰で通気性がよく、乾きが早いのも気持ちがいい。

更に、木材を原料としたレーヨンがイヤな臭いを防ぎ、独特のやわらかな手触りを保つ役目を果たしてくれている。特に白は漂白もできるから、清潔ですっきりするので好んで使っている。

毎日ハードに使ってクタクタと弱ってきたら、我が家では(お店でも)台布巾から雑巾へお役目交代。と、なんともまぁ働きものなのだ。

in-kyo(インキョ)

日々の暮らしの中で、月日をともに積み重ねたくなるような器や生活雑貨が並ぶ店。日常着や、おいしいもののセレクトも人気。「今日のひとしな」のコラム執筆は、店主の長谷川ちえさん。

福島県田村郡三春町9
TEL:0247-61-6650
10:00~17:00 水曜・木曜定休
http://in-kyo.net

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ