「atelier Une place(アトリエ ユヌプラス)」の体洗いタオル ~in-kyo(インキョ)より vol.13~

今日のひとしな
2016.09.13

体を洗うなら、天然素材のものが肌にいいということは周知の通り。ナイロンなどの化学繊維は泡立ちが良いけれど、それよりも優先したいのはやはり肌への負担がかからないこと。

そうかといって綿素材では、使っているうちにどうもぬめるような感じがしてしまう。もっといいものはないだろうかと思っていたときに出会ったのが、「アトリエ ユヌプラス」の体洗いタオルだ。

s-0000

綿素材と何が違うかといえば、リネン素材の生地にちりめんのようなシワ加工が施してあり、その凹凸のお陰でゴシゴシと力を入れなくてもすっきり洗うことができる。薄手のリネンは、使い終わってバスルームに干しておいても、すぐに乾くので気持ちがいい。他に代わるものはないので、旅行用にも用意して必ず持って出かけているほど。

s-0001

もう数年前のこと。毎回ご来店される度に、この体洗いタオルをお買い上げ下さる男性のお客様がいらした。私も気づいてはいたのだけれど、あえて聞かずにいると、お客様の方からその理由を話して下さった。

その方のお宅には海外からご友人がよくいらっしゃるそうで、泊まりに来た方にこの体洗いタオルを貸すと、みんなが欲しいと言うのでその度に買い足してプレゼントしていたとのこと。

実際に使って気に入ってもらったものが、いつのまにか海外へ旅立っていたとは。たとえ言葉は通じなくても、気持ち良さは万国共通だと思うとなんだか嬉しい。

←お店の紹介はこちらから

in-kyo(インキョ)

日々の暮らしの中で、月日をともに積み重ねたくなるような器や生活雑貨が並ぶ店。日常着や、おいしいもののセレクトも人気。「今日のひとしな」のコラム執筆は、店主の長谷川ちえさん。

福島県田村郡三春町9
TEL:0247-61-6650
10:00~17:00 水曜・木曜定休
http://in-kyo.net

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ