くまがいのぞみさんのポトフ鉢 ~in-kyo(インキョ)より vol.28~

今日のひとしな
2016.09.28

くまがいのぞみさんとはお店を始めるよりも前に知り合い、今では公私ともにもうすぐ10年のおつきあいになる。私が勝手に同志と思っているというか、なんとも有り難い存在で、くまがいさんも頑張ってるから私も頑張ろうと大きな励みにもなっている。

特徴的な釉薬の色と、ポコポコとしていたり、つるりとしていたり、ザラッとしているなどの独特の質感。そして料理上手なくまがいさんの手から生まれる器たちのサイズやかたちは使い勝手がよく、気づけば食卓での出番が多くなる。

s-0006

 

「この器の色をどう使おう?」と一瞬悩んでも、食材は案外と何でもするりと馴染んで、新しい発見がたくさんある。青い器にはトマトの赤やスパイスたっぷりのカレーの黄色、ホワイトソースの白なども似合ったり。黄色の器はホカホカと料理をあたたかく見せてくれるのだと教えてくれる。

ポトフ鉢と名づけられたこの器は、もちろんポトフ専用ではないのだけれど、そもそもはくまがいさんの個展の際に行われたFOODイベントで、料理家の瀬戸口しおりさんがゴロッと大きく切った野菜をたっぷり入れたポトフ用に、この器を選んだことがきっかけとなった。

s-0007

透き通るようにじんわりと火が通った大根やカブ、そして鮮やかな京人参の赤などがそれぞれ器の色とどれも不思議としっくりきて、料理も器もお互いを引き立て合っていた。そうなるとあれにもこれにも使ってみたいと、次々と他の料理の情景も浮かんで来る。私自身はそれがいい器の条件だと思っている。そんな一器多様という日本の器の素晴らしさは、料理を楽しく、そして食いしん坊たちの気持ちもお腹も満たしてくれるのだ。

←お店の紹介はこちらから

in-kyo(インキョ)

日々の暮らしの中で、月日をともに積み重ねたくなるような器や生活雑貨が並ぶ店。日常着や、おいしいもののセレクトも人気。「今日のひとしな」のコラム執筆は、店主の長谷川ちえさん。

福島県田村郡三春町9
TEL:0247-61-6650
10:00~17:00 水曜・木曜定休
http://in-kyo.net

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ