「LULU(ルル)」大澤弘美さんの作るもの ~sahanji+(サハンジプラス)より vol.31~

今日のひとしな
2016.10.31

「LULU」という名前は、イヴ・サンローラン著『おてんば ルル」から名付けたそうですが、その名の通り大澤さんの作品は可愛らしいだけではなく、ちょっとおてんばで、他にはない独特な雰囲気を醸し出していて、沢山のお客さまを虜にしています。

「手作りのもの」は今はとても溢れていて、一見すると似たような物も沢山ありますが、何が違うのかと言えばそれは作っている人の魅力。そしてその魅力=らしさが作品に現れているか、という事だと思うのです。お店ではそういう物をご紹介していきたいと常々思っています。

s-0006
大澤さんとのお付き合いは、お店を始めてからなのですが、実はお店を始めるずっと前から、洋服屋さんやカフェ、ほかにも行く先々で時々見掛ける大澤さんに、「なんて可愛くて素敵な人なの」と、釘付けになっていたのです。

一方的な恋心はお店を始めてからもずっと続いていたある日、姉妹で来店してくれたのが大澤さんでした。平静を装いながらも心の中では「あ、あの方だ」と思いつつ、はじめてお話を交わした大澤さんはやっぱりお洒落でとても可愛らしい声と仕草で……。

でも、あれれ? 予想外に面白い! 沢山お話をした後、「どうしよう、3枚目ってバレちゃうのでこの辺で…」と言いながら何かにつまずいて「もぅ、どうしよう~!」と顔を赤らめて帰って行きました。今でもその場面をとても鮮明に覚えています。それ以来、私の中では大澤さんは素敵に加えて、面白い人。そしてそれは今でも継続というよりも、年々増幅しています。

 Processed with VSCO with f2 preset
 大澤さんのアトリエ。伺うたびにキョロキョロ、置いてある物にジーっと釘付けになってしまいます。

 Processed with VSCO with f2 preset

s-0000
 お店に来てくださった頃、ご自宅の別棟でカフェを開こうと準備をしていた大澤さん。そのカフェの片隅でご自分の作ったこども服や小物を少し販売しようと考えていたのですが、後にそのエリアでは飲食の営業ができない、という事を知ったのです。

 Processed with VSCO with f2 preset
「もしよかったら作品を見せて頂けますか?」。そういって、はじめて見せて頂いた作品は、巾着や男の子の服、それに大人服が少し。その色合わせや雰囲気が大澤さんそのもので、お洒落で素敵でちょっと面白い雰囲気のある作品でした。

早速店頭に並べると、あっという間に完売。次の入荷を心待ちにしてくださるお客さまが徐々に増えていきました。作品はもちろん、納品時にたまたま大澤さんとお会いしたお客さまは皆、大澤さんの事が大好きになってしまうのです。なんでしょう、この魅力は。

Processed with VSCO with f2 preset
 お料理上手な大澤さんを慕って、ご自宅には沢山の人が集まります。大澤さんはもてなし上手。

Processed with VSCO with f2 preset
先日開催した企画展『LULU GROCERY STORE!』では、大澤さんの魅力を沢山知ってもらおう、大澤さんのお気に入りのあれこれをもっと知りたい 、ということから、作品だけでなく、大澤さんの衣食住のお気に入りを合わせてご紹介しました。

Processed with VSCO with f2 preset
 美味しいお菓子やパン、オススメの調味料、今気になっている方の作品、気に入って使っている生地、便利なお掃除道具や好きなアーティストの洋書、他にもオリジナルグッズ etc……! 沢山のラインナップと魅力的な出展者の皆さんのおかげで、お客さまからは「またぜひ!」と嬉しいお声も沢山頂きました。

小学校時代の同級生から、お子さんのママ友、いろいろなお店をされている方、他にも大澤さんのお母さまのお友達 etc……本当に幅広くお客さまがご来店くださるのも、大澤さんの魅力ゆえ。大盛況となったこの企画展、私も毎日とても刺激的で楽しく思い出に残る展示となりました。

Processed with VSCO with f2 preset
 大澤さんのご家族。
ちなみに大澤さんのクチ癖は「いつ引退しようかな~」です。そう言いつつも、いつも店主のわがままとお客さまの沢山のご要望に真面目に精一杯応えてくれるのを知っているのですが……。皆さまもぜひ店頭にて、言葉だけでは説明しづらい大澤さんの魅力に触れてみてくださいね。


今日で「サハンジプラス」の連載は最終回。一ヶ月の間、おつき合い下さりありがとうございました。このような機会を頂き、わたしは物そのものよりも、それを作っている人や背景のほうに、より興味があるのだなぁ、ということに気づきました。貴重な経験でした。
静岡にいらした際には、ぜひお立ち寄りくださいませ。

 

←お店の紹介はこちらから

sahanji+(サハンジプラス)

2006年、お祖母様の暮らしていた一軒家を改装してオープン。器、道具、服など衣食住にまつわるものや、暮らしになじむオブジェなどが並ぶ。連載「今日のひとしな」の執筆は、店主の河村奈穂さん。

静岡県静岡市清水区堂林2-9-5
TEL:054-353-1155
営業時間:13:00~17:00
不定休
http://www4.tokai.or.jp/sahanji-plus/

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ