「フーコ」のレザーバングル<フープ> ~フーコより vol.1~

今日のひとしな
2016.11.01

4.5坪の小さな店を始めるにあたり、小さい店だからこそ「フーコ」でしか出会えないものを何か作ろうと考えていた。その「フーコ」らしい一品の手がかりを探していたとき、お店づくりでもお世話になっていた靴作家の曽田耕さんから「革でこんなのができるよ」と、この革の輪っかを見せてもらった。

s-0000
手が入りそうな”輪っか”だったから、すぐに手首につけてみるととてもいい感じ。曽田さんも革でこんなことができるんだと手法を発見したところまでで、実際にこの輪っかは作品では取り入れられることもなく、そのままになっていたものを思い出してくれたのだ。

s-0001
単純な形、ただの輪っかなのだけれども、分厚い革の厚みが格好良く、私はすぐにその革の輪っかが気に入った。

もともとアクセサリーといえば、バングルやブローチ好きの私。単純な形だけれどもよく見てみると、ナイフによってフリーハンドで切られた素朴な切り口と、輪っかなのに継ぎ目のない、この革の輪を「フーコ」の定番のバングルにすることを決めた。

s-0002

今日、ご紹介するのはヒントで見せてもらったこの革の輪、今ではフープという名前で呼んでいるレザーバングルだ。素材は牛革。ポイントは継ぎ目がないこと。今では3タイプあるレザーバングルシリーズそれぞれに共通している。すべて一枚の革からできているのだ。どんな風に製作しているのだろう…、と不思議に思われることも想像できるがここでは細かい説明は省くことにする。お知りになりたい場合にはぜひご来店を! バングルを見ながらでないとなかなか口で説明するのは難しい。ご自身の作品でも1枚の革から形を起こしてスリッパにしたり、バッグにしたり、革でいろんな形を生み出す曽田さんだからこそ実現した一品である。


フーコ オンラインショップ
レザーバングル<フープ> ¥4,000+tax

 

←お店の紹介はこちらから

フーコ

東京都台東区寿1-20-11
TEL:03-5830-2355
営業時間:12時~19時
不定休
※営業日はこちらのカレンダーをご確認ください。

http://fu-koshop.com/

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ