磯部祥子さんのクッション ~フーコより vol.5~

今日のひとしな
2016.11.05

長く愛用したくなる磯部祥子さんのコースターとの出会いを経て、「磯部さんと連絡を取りたい」と知人だった磯部さんの弟さんにすぐ掛け合った。この作品を「フーコ」のオープニングでご紹介させてもらいたいと思ったからだ。程なくして念願叶い、磯部さんにお目にかかる機会を得た。ただし、あがり症の私である。ドキドキしながら「初めまして」と声をかけると、とても自然な雰囲気で穏やかな印象。すぐに打ち解けたことを今でも覚えている。いろいろお話をお伺いして、一目惚れしたコースターの他にクッションをお願いすることにした。オープンして以来、少量ずつ作ってもらっては完売して、と繰り返しお願いしているクッションをご紹介する。

s-0000

白一色で静かな印象だけれども、同じように見えて同じでないそれぞれの布の持つ魅力を
よく理解して生かそうとしているからこそ生まれる形だ。

s-0001
布のチャームポイントを細かく観察して、布を熟知されているのである。

縫っては刻んで…と際限なく生まれる白い生地の幾何学模様は
作家自身の思惑をも超える魅力的な形に生まれ変わっていく。
幾何学模様は直線や曲線の組み合わせでできる模様。素材の選び方により、
パッチワークにした時に浮かび上がってくる線の表情がそれぞれ違う。
シャキッとした線だったり、ぼんやりとのんびりした線だったり。
布が組み合わされたときにできるこの境界線、縫い目の線の表情や模様は見ていて飽きない。

s-0002

使っている布はインド綿が中心でインドシルクや手紡ぎ手織り布のカディコットンなど。
風合いがふかふかしていたり、ざっくり織られた糸の表情が際立つもの、
織り柄が入ったものなどを自由に組み合わせている。
作ることを楽しんでいる磯部さんの様子が伝わって来るようだ。
それぞれ1点ものだから、ついお気に入りを何個が集めてしまいたくなるクッション、
どこかに芯の強さと布を愛おしむ気持ちが垣間見られる作品である。

35cm角型 ¥7,000+tax
30cm角型 ¥6,000+tax
30cm丸型 ¥6,000+tax

*作品は全て1点ものです。

 

←お店の紹介はこちらから

フーコ

東京都台東区寿1-20-11
TEL:03-5830-2355
営業時間:12時~19時
不定休
※営業日はこちらのカレンダーをご確認ください。

http://fu-koshop.com/

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ