「SHOJIFUJITA」のレザーポーチ ~フーコより vol.9~

今日のひとしな
2016.11.09

「SHOJIFUJITA」こと藤田さんは元同僚。一緒に働いていた当時から革で作品を製作し続けている。
何しろ5年ほどほぼ毎日一緒に仕事をしていたから、彼の人への細やかな気配りや優しさ、もの対する丁寧な姿勢、繊細なものづくりを間近で見てきた。今回ご紹介するのはそんなパーソナリティが作品からも受け取れる「SHOJIFUJITA」のレザーポーチである。

s-0007

s-0000

藤田さんはデザインから製作までの工程を自らの手で行っている。手作りというと手の跡が残っていたり、素朴な雰囲気と思われがちかもしれないが、このピシッとした精密な革製品は全て藤田さんの手作りの一品なのだ。

s-0001

s-0002

ラインナップは植物のタンニンなめし革を使ったバッグやお財布など、日常使いしやすい大きさやデザイン、シンプルだからこそこだわりたいステッチ使いや留め具などディテールにも気を配られたアイテムばかり。

s-0003
レザーポーチはバッグを作った後に余る材料を利用して製作されているそうだ。人間でもシミやシワが人それぞれであるように牛革にも個性があることを理解してそのシワが生きるように考えたシンプルな形のポーチ。前からバッグには使わないけど、このシボシボした部分が好きだと言っていた。

s-0004

s-0005

裏側はリネンの生地できれいに仕上げられている。小サイズはちょうど名刺やカードが入る大きさで小銭を入れたり、アクセサリーを持ち運ぶのにちょうどいい。中サイズは通帳がぴったりと収まる大きさで私も愛用している。化粧ポーチとしても便利そうなサイズ感。大サイズはiPad miniが入る大きさ。3サイズ持っている私の友人などはこのサイズをうまいこと自分の生活に取り入れてバッグの中身をものの見事に仕分けしている。

s-0006

諸説あるそうだがポーチはその昔、巡礼や旅に出るときにお守りを入れて腰に縫い付けていた巾着から始まっているそうだ。GOODLUCKと名前のついたレザーポーチ。ポーチってあまり表に出ることのない脇役的な存在だが「幸運を祈る」という名前を追い風に、日常に取り入れると気分も運気も上がりそうな予感がする。

フーコオンラインショップ
レザーポーチ(小) ¥4,000+tax
レザーポーチ(中) ¥6,000+tax
レザーポーチ(大) ¥10,000+tax

 

←お店の紹介はこちらから

フーコ

東京都台東区寿1-20-11
TEL:03-5830-2355
営業時間:12時~19時
不定休
※営業日はこちらのカレンダーをご確認ください。

http://fu-koshop.com/

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ