「Swish!」の編み人形 ~フーコより vol.10~

今日のひとしな
2016.11.10

「エルメス」の8階のギャラリーで行われている展示会をご覧になっている方も多くいらっしゃると思う。私もその一人だ。そのとき開催されていたのがフランス人のカメラマン、シャルル・フレジェさんの写真展。日本のお祭りや神事のときに身にまとう衣装やお面をつけた人々の写真展だった。私はあまりに素晴らしい写真に圧倒され、そのときシャルル・フレジェさんの別の写真展を同時開催していた恵比寿のアート本を多く扱う本屋さんにも足を運んだ。

s-0000
(集合写真は第1回目に「フーコ」に仲間入りした人形たち。お祝いでいただいた左下のネコ二人は「フーコ」の神棚で見守ってくれている。)
そこで出会ったのが「Swish!」の編み人形である。なぜか、その本屋さんでシャルル・フレジェさんの写真展開催に合わせて、「Swish!」の編み人形を紹介するといった記念フェアをやっていたのだ。写真展に圧倒されていたはずの私は編み人形に出会った瞬間、あまりの可愛さに心を奪われてしまった。なんというか、もう絶対にその人形のどれかを家に連れて帰りたくなってしまったのである。

s-0001

もともと人形好きの母親に育てられ、小さい頃はゲームなどなかったからお人形遊びが当たり前だった。今でも人形好きの母は自分でぬいぐるみを作ったりと老後のライフワークとして人形作りを続けている。だから実家にはたくさんの人形が溢れている。もしかしたら他の人から見たら少々怖い景色かもしれない。西洋人形から日本人形、アンティークのぬいぐるみからセルロイドのお人形などコレクションは様々だ。そのためか、私は大人になっても人形が好きでアメリカのマーケットに行った時にも気にいった人形を見つけて2体連れて帰ってきた。

人形なんてどうするの?と思われるかもしれないが、私の場合は部屋に飾って鑑賞する。お花と同じボジションとなるのだ。インテリアなんて呼べるほどの空間はないが、自分なりにその人形の置き場所を吟味して飾る。キレイなお花を飾ると気分がいいように、かわいいお人形さんを飾ると気分が上がるのである。

s-0002

そんなわけで気分が上がること間違いなしの編み人形を2体連れて帰ることにした。
連れて帰った頃はちょうど「フーコ」の内装デザインのたたき台が出来ていた頃で、勝手にその人形を網棚になるであろうフェイクの棚の上に並べて写真を撮ってみたりした。(下の写真がその当時の撮影した写真。今は網棚になっている。)
「フーコ」でこのかわいい人形をお取り扱いしたい、なんとかお願いできないものかと、思い切って始めまして!と連絡を取ってみたら、快くお取り扱いをご承諾いただいのである。それ以来もう数回、製作のお願いをしている。毎回入荷するたびに違うお洋服に心を奪われている。買いたくなる気持ちをぐっと抑えてかわいい子たちを毎日眺めながら仕事ができるなんて幸せだ。

s-0003

カラフルな毛糸で編まれた人形は一つ一つ表情も着ているお洋服も髪の毛の色も違う。
みんなオシャレさんなのだ。色の組み合わ方は「Swish!」の編み人形にかなうものはいないのではあるまいか。真似っこしたくなる色彩センスである。カラフルでそのオシャレなお人形は、かわいい!とオマセな小さい女の子にも人気。いろいろある中から吟味して自分のお気に入りをお母さんにねだっている姿を何度か見かけた。

s-0004

s-0005

最近、お買い求めいただいたお客様にスマホじゃなくて、こういうのいつも触っていたら心がトゲトゲしなくなるかな…なんてお声をいただいた。そうかもしれない。大人になっても人形に触ったり見たりして癒されたっていいのだと人形好きの私は勇気をもらった。「Swish!」に出会えたことを「エルメス」の展示会に感謝したい。

KIDS IN THE CITY ¥2,700+tax
CAT IN THE CITY ¥2,700+tax
*作品は全て一点ものです。

 

←お店の紹介はこちらから

フーコ

東京都台東区寿1-20-11
TEL:03-5830-2355
営業時間:12時~19時
不定休
※営業日はこちらのカレンダーをご確認ください。

http://fu-koshop.com/

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ