谷口晃啓さんのすり鉢

今日のひとしな
2017.01.20

~ MIGO LABO(ミゴラボ)より vol. 20 ~

 

キッチン道具にとって最も優先されるのは使い勝手だと思います。

どんなにオシャレなデザインでも、使いにくければいつの間にか棚の隅っこに追いやられてしまいます。そんなキッチン道具も多い中、陶芸作家・谷口晃啓さんのすり鉢は常に我が家で大活躍する、全てにおいてバランスの良い優れ物なのです。

 

s-20161107_DSC_3772

 

谷口さんのすり鉢との出会いは木工作家・須田二郎さんと谷口さんの二人展での事でした。手にとってみると厚みが程よく、すっぽり収まる感じが絶妙だと思いました。会場では谷口さんのすり鉢に須田さんの木の蓋を合わせるというコラボレーションが行われていて、夢中になってあれこれ組み合わせて選び、大・中・小の3個を木の蓋と一緒に大人買いしてしまいました。

s-20161106_DSC_3736

 

去年から始まった高校生の娘のためのお弁当作りでは、このすり鉢が以前にも増して大活躍しています。お弁当の分のほんの少しのおかず用にピッタリのサイズ。私がゴマを擦ったり食材をあえるなどの調理をしたら、お弁当箱に盛り付け(だけ)をする娘の待つテーブルに直行です。

s-20161222_taniguchi_3

 

 

我が家では納豆を練る時にもすり鉢を使い、ネバネバ倍増に一役買っているので使わない日はないくらいヘビーローテーションなのです。

s-20160726_DSC_0315

 

谷口さんの白い器たちはテーブルでもキッチンでも出しゃばり過ぎず、自分の役目をきっちりこなす名脇役だと思います。

 

s-20161222_taniguchi_5

 

(MIGO LABO来店時に自作のドリッパーでコーヒーを入れてくださった谷口晃啓さん)

 

MIGO LABOでも取り扱いさせていただき、お買い求めいただいたお客様にも好評です。私の目に間違いはなかったと思える逸品です。

 

写真・文 石黒美穂子

 

←お店の紹介はコチラから

MIGO LABO(ミゴラボ)
東京都目黒区五本木2-42-1

フォトグラファーの石黒由紀子さんが、ご主人の栗原秀樹さんと開いた生活雑貨のセレクトショップ。器やかご、キッチン道具のほか、オリジナルブレンドのコーヒーなど、食品の取り扱いも。
TEL 03-6303-3281
営業時間、店休日については、公式フェイスブックでご確認ください。

MIGO LABO公式サイトはこちら 

*「おへそ的、買い物のすすめ展」でも大人気だったカオリーヌ菓子店のチーズケーキの販売会が1/28(土) – 30(月)で開催されます。詳細はこちらからご覧ください。http://www.migolabo.com/blog/2017/01/14/173047

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ