安彦年朗さんの木の道具 ~フーコより vol.19~

今日のひとしな
2016.11.19

私が普段使っている木工品のほとんどは安彦年朗さんの作品である。まな板、料理に使うヘラ、スプーンにフォークと普段の生活には欠かせないものばかり。安彦さんの作る柔らかな雰囲気の作品は触り心地も抜群でつい手にとってしまう。

s-0000

s-0001

特にカトラリーは出番が多い。私の食器棚には陶器ばかり、食事のときにステンレスのカトラリーだと相性がよくないと感じるときがある。気を付けて使えばいいのだが、あの陶器とステンレスがあたる「カチン」と冷たい音が気になるときがあるのだ。土の器には木のカトラリーが似合っていると思っている。口当たりも柔らかく使い心地がよい。最近フォークも作られるようになり、ますます日々の私の食事で使うようになった。スプーンもそうだが、フォークも木工作品とは思えないようなスマートな形に収まっていて、ステンレスのカトラリーさながらの使い心地だ。口の中に入れたときの大きさや厚みも丁度いい。

s-0002

毎日の出番で多いと言えば、一番はまな板である。5年くらい使っているだろうか。桜の木のまな板は包丁の刃にも優しい気がする。毎日使う物だから少々値がはっても自分が使っていて気持ちのいいもの、感じのいいものを手元に揃えたい。私はまな板として1枚と器としても使えるようにときれいなままで使っているカッティングボードと使い分けしている。安彦さんの作るカッティングボードはその時々によってボードや持ち手の形が異なるから、気にいるいい出会いがあったときに手に入れることをおススメする。

s-0003

上の画像は以前行ったクラフトフェアに出店されていた安彦さんのブースにて。定番の木工作品いろいろ。

s-0005

s-0004

定番アイテムではスプーン・フォーク・ヘラの他にコーヒーメジャーとバターナイフもご用意している。一度手にとって使い心地を試してみると普段の生活に取り入れたくなるはずだ。一度試しに使ってみて家族分もまとめてと、リピートしてくださるお客様も多い。


スプーン(小) ¥1,200+tax 
スプーン(大)¥1,800+tax
フォーク ¥1,800+tax
バターナイフ ¥1,000+tax
コーヒーメジャー(くるみ・桜) ¥1,700+tax
カッティングボード ¥3,500+tax〜

 

←お店の紹介はこちらから

フーコ

http://fu-koshop.com/

東京都台東区寿1-20-11
TEL:03-5830-2355
営業時間:12時~19時
不定休
※営業日はこちらのカレンダーをご確認ください。

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ