安彦年朗さんの匙 ~フーコより vol.20~

今日のひとしな
2016.11.20

木工作家の安彦年朗さんが作る匙。この作品を拝見したとき、その愛らしい姿に心惹かれた。前回ご紹介した安彦さんの作るカッティングボードやヘラも角が落とされてふんわりと柔らかい丸みを帯びたフォルムが魅力的な作品だが、この匙はなんとなく生き物や精霊(私のイメージの中の、、、)を思わせるようなフォルムが、定番で製作されている木の道具のような実用のものとは違った魅力を放っている。

s-0000

素材は主に桜の木。安彦さんが木をいじりながら、それぞれ素材の持ち味を出すように手探りで形を見つけて彫った模様とペインティング、亜麻仁オイルで仕上げている。作品は全て1点ものである。

s-0001

s-0002

サイズも小さいものは8cmくらいからマドラーサイズのもので23cmくらいまで。ご自身の手で触れてみて、しっくりくるサイズ感と形を選ぶ楽しさがある。薬味匙やマドラーとして使えるように想定しているがそれぞれのシチュエーションに合わせてはちみつやジャムなどなど日常の中でちょっとした匙を使う機会に安彦さんの匙を使ってみるといいと思う。日々の生活がさらに楽しくなる一品である。

匙 ¥1,500〜¥2,000+tax 

 

←お店の紹介はこちらから

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ