「フーコ」のパッチワークの革と木スツール ~フーコより vol.25~

今日のひとしな
2016.11.25

スツールを販売し始めて、気に入ってくださった方の手元へ数台旅立ったものだから、また新たなスツールを考えてみようといつものメンバーで集まった。木の板を重ねて製作したスツールである。途中に曽田さんならではのレザーのパッチワークをポイントになるよう取り入れてもらって作ってもらった。

s-0002

s-0003

s-0004

s-0005

脚に合わせて靴が作れるのだし、もともとは丸みのある牛の体を覆っていたものだから当然といえば当然だが、やはり改めて革の柔軟性にも驚くし、なんでも巻ける曽田さんの技とバランス感覚にはいつも感心する。細部は真鍮の釘が使われていて、これがまた革と木とのコントラストが際立つ仕掛けだと思う。以前ご紹介した曽田さんのバッグの作品、NPWとCrPWを足して2で割ったような要素と、重ねた木の材料との調和が面白い。またしてもいいなぁと思うスツールが完成したのである。

s-0006

上の写真は曽田さんのスタジオにて撮影。真ん中のショルダーバッグはCrPW、右手のパッチワークはスタジオにあった椅子の座面。

s-0001

四角いスツールは座ってもよし、ベッドなどのサイドテーブルにも役立ちそうである。
いつも使うようなお好みの場所で活用していただけたら嬉しい。フーコの店頭でもご覧いただけるので、お立ち寄りの際はぜひ座ってみて感じを確かめてほしい一品である。

パッチワークの革と木のスツール 
¥65,000+tax

プロデュース:フーコ
ディレクター:吉谷博光
デザイン・製作:曽田耕 

 

←お店の紹介はこちらから

フーコ

http://fu-koshop.com/

東京都台東区寿1-20-11
TEL:03-5830-2355
営業時間:12時~19時
不定休
※営業日はこちらのカレンダーをご確認ください。

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ