定番の朝ごはん~「ペドラー」松井由起子さんvol.1

ある日の朝ごはん
2016.12.04

こんにちは。神奈川県相模原市で「PEDLAR(ペドラー)」という暮らしにまつわる生活雑貨を扱うお店を営んでいる松井由起子と申します。12月から4回にわたり、この連載を担当させていただくこととなりました。まさか2016年最後の月を私が占めてしまっていいのでしょうか・・・(汗)と思いながらも、簡単ではありますが、日々の朝ごはんとその器をご紹介させていただきます。どうぞ宜しくお願いいたします。

 

photo&text:松井由起子 

 

我が家の朝ごはんは、ほぼパンです! 1年のうち300日以上は、毎日パンを食べています。単純に私がパン好きだからなのですが、パンといっても食パン、サンドイッチ、スコーン、パンケーキ、フレンチトーストなどなど色々バリエーションを変えて毎日作っています。

さて、第1回目は我が家の「定番の朝ごはん」です。毎日同じものを食べると飽きてしまうのが当然なのですが、朝食に関しては別。平凡なメニューですが、飽きることなく毎日食べられる。でも同じものだからこそ、朝のスタートを平穏な気持ちで安心して迎えられる気もします。

朝食の前に、まず我が家は、コーヒーを1杯いただきます。 主人は大の珈琲好きとあって、私は、まず朝起きたらお湯を沸かすことからスタートします。そして毎朝、朝食分と仕事にもって行く分の豆を挽きます。コーヒーをいれるのは主人。こちらは、愛用しているコーヒーミル。ドイツの「ザッセンハウス」のもの。結婚する前から主人が使っていてもう20年ほど愛用しています。正直、私より主人がいれた方がコーヒーは美味しいのです。

 

s-DSC05297

そして朝食の献立は、食パン、グラノーラ、ヨーグルト、コーヒー、フルーツ。ご覧の通り手間はかかっていません(笑)

s-DSC05346

時間も5分あればできちゃいます。0歳児をかかえる我が家の朝は戦争と言っても過言でないくらい! 手間をかけている時間がありません。なので、せめて器にはできるだけ気を配りたいと思っています。

 

今日使っている器は、こんな感じ。

s-DSC05358

パン皿  高塚和則 フルーツ(梨) 増淵篤宥 ヨーグルト ガラス工房清天 グラノーラ 沼田智也 マグカップ 余宮隆 

パンを食べるときは、木のお皿を使用することが多いです。木のお皿はパンの水分を吸ってくれるので最後までカリカリで焼きたての食感が楽しめるんです。増渕さんのお皿は、私のお気に入りで朝ご飯によく登場します。

朝は1日のスタートということもあり、爽やかで元気がでるような器を使うことが多いです。

s-DSC05463

増渕さんのこのキレイなグリーンが私の1日のスタートに活力をくれるのです。

さあ、これから掃除に洗濯、今日も1日頑張ります!

 

第1回「ももふく」 田辺玲子さんはこちらから
第2回「H.works」 園部由貴さんはこちらから
第3回「イコッカ」 福地京子さんはこちらから
第4回「夏椿」 恵藤文さんはこちらから
第5回「スタイル ハグ ギャラリー」 尾関則恵さんはこちらから
第6回「うつわshizen」 刀根弥生さんはこちらから
第7回「APT#207」船寄真利さんはこちらから
第8回「黄魚」高はしこごうさんはこちらから
第9回 「空音」山下麻奈美さんはこちらから
第10回「工芸喜頓」石原文子さんはこちらから

PEDLAR(ペドラー)
神奈川県相模原市緑区橋本2-3-5 岩澤ビル 2階

京王線橋本駅から徒歩1分 華やかではないけれどずっと使い続けたい

暮らしにまつわる生活雑貨を扱っています。

TEL: 042-854-7250 定休日・日、月

http://www.pedlar.jp

info@pedlar.jp

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ