い草のかご

今日のひとしな
2017.01.04

~ MIGO LABO(ミゴラボ)より vol.4 ~

 

国産のい草を使用し一つ一つ手作業で編まれたかごたちが、いつもMIGO LABOの店内にとても良い香りを醸し出してくれています。

s-0000

私とい草のかごの出会いは日本民藝館で毎年年末に開催される「新作工藝公募展」でのことでした。
この展覧会では手仕事による伝統的な工芸品を中心に日本各地の新作工芸品の展示を見ることができ、作品によっては購入も可能です。
陶磁器や織物、木工、硝子作品など数ある工芸品が展示されている中、私はひとつの展示コーナーに引き寄せられ、い草で編まれた「すいかかご」に目が釘付けになりました。ふっくらとしたボール型のシルエット、ざっくりした丸いモチーフの編み目の折り重りなど、今まで見た他のかごたちとは全く違う種類のものだと思いました。
その場で購入を決めたのですが展示品のため「すいかかご」を受け取れるのは約一ヶ月後でした。待ち焦がれた受け取りの日には日本民藝館にウキウキ気分で出掛けたのを憶えています。

s-0001

「すいかかご」は見た目も可愛く素敵なのですが、ストールなどの巻物や手袋など散らかりがちなものを収納するのに大変便利なものでもあります。通気性もあり、中がよく見えるので忘れ物の多いうっかり者の私は玄関などに設置して大変重宝しています。

s-0002

「すいかかご」と同じ編み目でほっそり縦長の「びんかご」もあります。こんなかごにワインや日本酒を入れてプレゼントに持っていったりしたら、とても喜ばれるんじゃないかと思います。もちろん「すいかかご」同様、細かい散らかりがちなものを収納するのにも大活躍します。
 s-0003

い草で編まれたかごにはバッグタイプのものもあります。
素朴でシンプルな質感が魅力的なのですが、布を巻くなど少し手を加えるだけでとても洗練された雰囲気になります。

 s-0004
い草のかごは大変丈夫で何年も使用できますので、新しい緑色の時からから味わい深い茶色へと経年変化していくのも楽しんでいただければと思います。

写真・文 / 石黒美穂子

 

←お店の紹介はこちらから

MIGO LABO(ミゴラボ)
東京都目黒区五本木2-42-1

フォトグラファーの石黒美穂子さんがディレクターを務める生活雑貨のセレクトショップ。作家もののうつわ、かご、キッチン道具のほか、コーヒー豆、お菓子、調味料などの取り扱いも。

TEL 03-6303-3281 営業時間、店休日については、公式フェイスブックでご確認ください。

MIGO LABO公式サイトはこちら

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ