カレーの朝ごはん

器店主の朝ごはん
2017.01.15

~「うつわPARTY」坂根さよみさん vol.3~

←vol.2はこちらから

1月の連載を担当させていただいている駒場東大前のうつわの店「PARTY」の坂根です。


「煮物は、次の日にカレーにします」
友だちのSNSを見て「な~るほど!」と思ってから、うちでも肉じゃがや筑前煮、ポトフなどが残ると、翌日はルウを入れてカレーにしています。もともとお野菜に味が浸みてるから、サッと煮ただけでとても美味しい。いや、画期的!

と、そんなことを言ってたら、独身のうつわ男子に「いつもそうしてますよ」と、軽くあしらわれました。常識だったんだ。
1
ともあれ、うちはふたりとも朝からガッツリ食べられる方だから、朝カレーはけっこう好きです。なにしろ手間がかからないのと、使ううつわが少なくて後片付けも簡単なのが嬉しい。とくに早く出かけたい朝には、うってつけのメニューです。

カレーにはいろいろなうつわを使うけれど、出番が多いのがこの田谷直子さんの、まさに「カレー鉢」と名付けられた六寸鉢。カレーはもちろん、ガパオなどのごはんものや、シチュー、ロールキャベツなどなど、オールマイティの優れもの。店でも人気のロングセラーです。

2

サラダの鉢は平岩愛子さん、グラスは伊藤嘉輝さん、ピッチャーは沖澤康平さん。スプーンは、ただいま産休中ですが町田翔さん。

3

で、カレーの前の日の食卓がこちら。

4

ルリの七寸鉢は田谷直子さん、真ん中の鉢は広川絵麻さん、印判の細長いお皿は藤塚光男さん。飯碗と手前の取り皿は村木雄児さん、奥のあめ釉の取り皿は長谷川奈津さん、磁器の小皿は2つとも清水なお子さん。

並べてみると、まあたくさんのお皿や鉢。自分でもあきれるほどです。こういううつわ使いは、焦って出かけなくていい日に限ります。

 

←お店の紹介はこちらから

←その他の「うつわPARTY」坂根さよみさんのコラムはこちらから

 

『 ももふく 』 『 H.works 』 『 イコッカ 』 『 夏椿 』 『 スタイル ハグ ギャラリー 』 『 うつわshizen 』 『 APT#207 』 『 黄魚 』 『 空音 』 『 工芸喜頓 』 『 ペドラー 』 『 テクラ 』 『 宙 SORA 』

うつわPARTY

ひとりのときも、みんなでワイワイ食べるときも、パーティみたいにわくわくした気分になれる器が揃います。コラムの執筆は、店主の坂根さよみさん。1月14日(土)~25日(水)は「酒器展」を開催中です。

東京都目黒区駒場2-9-2
TEL・FAX:03-3467-6830
不定休(展示会中は無休)
営業時間:12:00~19:00(展示会中は11:00~スタートで、最終日のみ17:00まで)

http://utsuwa-party.com/index.htm

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ