「大與(だいよ)」の和ろうそく

今日のひとしな
2017.04.01

~ UGUiSU the little shoppe(ウグイス・ザ・リトルショップ)より vol.1 ~

はじめまして、「UGUiSU the little shoppe(ウグイス・ザ・リトルショップ)」のこむらひかるです。
10年ぐらいずっと片思いをしていた大好きな古い洋館アパート、思いがけず嬉しいご縁に恵まれ、この中の一室でお店を持つことになったのが5年前のことです。お店をやりたい、というよりも、この場所で何かをしたい、そんな気持ちが大きかったのです。インテリアデザインを学んだ後、空間、グラフィック、ウェブなどのデザインの仕事に携わり、フリーランスのウェブデザイナーとして活動を始めた8年前、海外に向けて日本の商品を紹介するウェブショップを立ち上げました。その実店舗というイメージでオープンしたのがこの「UGUiSU the little shoppe(ウグイス・ザ・リトルショップ)」です。
プランも経験もないままに開店して以来、試行錯誤を繰り返しながら自分なりの「店づくり」に励む日々、継続中です。わざわざ訪れてくださる方に喜んでいただけたら、と思うものを紹介しています。これから1ヶ月、この連載でもお伝えしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

和ろうそくって何? 当店に数多く揃えている和ろうそくコレクションを見てそうおっしゃるお客さまが多くいらっしゃいます。初めて見た、知った、という方も。

warousoku01

和ろうそくが普通のろうそく(パラフィンワックスで作られることが主な洋ろうそく)と違うところは主に、原料に植物性由来のものを使っていること、芯に和紙を使っていること、そしてそのために煤や油煙が少なく、また蝋がほとんど垂れずとてもきれいに燃えるということです。少し大きめの炎が、時にゆらゆら揺れる様子は、眺めていると心が静まりとても癒されます。

warousoku02

今回ご紹介する和ろうそくは、滋賀県で100年以上続く「大與」のもの。和ろうそくの中では最高級とされている櫨のろうそくは、上質な九州産の櫨の木の実から採られた蝋を100%使い、熟練の職人さんが一本一本手づくりで仕上げています。今ではこの手掛けの櫨ろうそくを作れる職人さんは世界でも10人ほどしかいないと言われているそうです。
自然の色合いや、手づくりならではの風合いがとても美しく、燃え方もまたとてもきれいです。

warousoku03

櫨ろうそくの他には、米ぬかの蝋でできた "お米のろうそく"や、春夏秋冬をイメージしたカラーセレクションの"色ろうそく"もおすすめです。いずれも自然の、国産の、植物性原料のみが使われ、職人さんによってひとつひとつ丁寧に手作りされる和ろうそくは、油煙も少なく人にも環境にもやさしい、サステナブルで貴重な日本の工芸品です。

warousoku04
warousoku05

ぜひ、和ろうそくを日常にとりいれてみませんか。「都内ではどこよりも充実した品揃え」とお客様に言っていただけるほど、和ろうそくと燭台、数多くご用意しております。

写真・文/こむらひかる
写真3枚目、4枚目は「大與」提供

 

←お店の紹介はこちらから

UGUiSU the little shoppe(ウグイス・ザ・リトルショップ)
東京都港区麻布台3-3-23 和朗フラット四号館7号室

http://www.uguisulittleshoppe.com/
営業日は毎週金曜、土曜、日曜の3日間。
金曜&土曜:12時~19時、日曜:12時~17時
※年末年始以外は、祝日に関わらず金土日に開店します。
※交通機関に影響がでるような悪天候の場合は臨時休業する場合があります。
facebook にてご確認ください。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ