「土佐和紙プロダクツ」の和紙のステーショナリー

今日のひとしな
2017.04.21

~ UGUiSU the little shoppe(ウグイス・ザ・リトルショップ)より vol.21 ~

日本三大和紙のひとつ、高知県の伝統工芸品でもある土佐和紙。洋紙の普及によって用途の多くを失ってしまったという土佐和紙に、プロダクトとしての新しい需要を、との思いで高知県出身のデザイナーたちが立ち上げた「土佐和紙プロダクツ」。高知県の小さなデザイン事務所と活版印刷工房が取り組む、土佐和紙を使ったものづくりユニットです。

21_tosawashiproducts

レターセット、原稿用紙に五線譜、領収証などの伝票類など、若手の紙漉職人が手がける手漉き和紙に機械漉き和紙を織り交ぜ、普段使いができるような価格帯で実現されたアイテムのかずかず。シンプルで使い勝手のよいデザインに、活版印刷を組み合わせたおしゃれな和紙ステーショナリーとして、たくさんの方々に愛用されています。

写真・文/こむらひかる

 

←お店の紹介はこちらから

UGUiSU the little shoppe(ウグイス・ザ・リトルショップ)
東京都港区麻布台3-3-23 和朗フラット四号館7号室

http://www.uguisulittleshoppe.com/
営業日は毎週金曜、土曜、日曜の3日間。
金曜&土曜:12時~19時、日曜:12時~17時
※年末年始以外は、祝日に関わらず金土日に開店します。
※交通機関に影響がでるような悪天候の場合は臨時休業する場合があります。
facebookにてご確認ください。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ