アンティーク・ヴィンテージのワイングラス ~レクトホールより~ vol.11

今日のひとしな
2016.02.11

 

今日は1900〜1930年頃のワイングラスをご紹介します。


11_アンティーク ワイングラス_1


レクトホールには、相反するイメージを自然に保つものが多くあります。温もりがあって優しい質感、でもデザインはミニマムで素っ気ない印象、そんなバランスを持ったものに魅力を感じます。


今日ご紹介するグラスたちにもそういった両方の表情があります。

11_アンティーク ワイングラス_2

こちらは、空中で竿をまわしながら息を吹き込んで形作る宙吹きのタイプ。トロッと揺れる表面に思わずうっとりしてしまいます。大きさも同じではなく、それぞれに個体差があります。


11_アンティーク ワイングラス_3
こちらは、型に流して息を吹き込む型吹きのタイプ。メラメラとした透明感がきれいで形は均一でツルっとしています。気泡の入り方がひとつ一つ異なります。


どちらも個性が愛しくて、ガラスでありながらも時を経た温もりがあります。


11_アンティーク ワイングラス_4

文明の過渡期。20世紀半ばからは型に入れ、今度は機械吹きの製法に変わります。

ここからは現代のグラスに近いものになって行くわけですが、今、古い宙吹きガラスに魅力を感じるのと同じように、あと数十年したら、この時代に作られた機械吹きのガラスも、また次の世代の目に新鮮に映るのかも知れません。
遠い時代に別の国で作られたものが、今の感覚で美しいと感じるのは奇跡的で、感動してしまいます。


12_アンティーク ワイングラス_5

ワイングラスといっても、お水やジュース、自分らしい使い方で自由に楽しんでみてください。


アンティーク・ヴィンテージ ワイングラス
¥2,500+tax〜

RECTOHALL(レクトホール)

クリーンでジェンダーにとらわれない服、装飾や汚れをそぎ落とし、シンプルで清潔感のある仕上がりを目指したアンティーク家具、個性が光る作家ものの器などを扱うショップ。デイリー連載「今日のひとしな」のコラム執筆は、オーナーの廣田佐知子さん。

 

東京都渋谷区恵比寿南2-15-6 greenhills GF  TEL 03-3716-1202

12:00~19:00 月曜定休  http://rectohall.com

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ