アンティーク&ヴィンテージのフレーム ~レクトホールより~ vol.15

今日のひとしな
2016.02.15

←レクトホールの紹介はこちら


今日は、アンティーク&ヴィンテージのフレーム(額)をご紹介します。


15_アンティークフレーム_1


アンティークやヴィンテージの額が好きです。匿名性のものに惹かれるからでしょうか。古いフレームはその象徴のようで、中に何も入っていなくても、十分美しく感じます。

美術作品として作られてはいないものに、時を経たぬくもりが加わり、唯一無二の美しいオブジェとしてご紹介できたらいいなと思っています。フレームに限らず、無名の器や工業製品の欠片であっても……。美意識はそれぞれだけれど、モノにまた違った形の価値を与えられたら、もしも誰かの刺激になれたら、嬉しいです。

元々フレームは、写真や絵画を美しく見せるためのもの。本来主役ではなかったけれど、単体で見ても面白いものが多いです。

フランス、イギリス、ドイツ、スウェーデン……etc.  遠くの国のもの、日本のもの。真鍮、木製、様々な素材があり、装飾性はその時代や地域を想像させます。神聖なもの、日常的なもの、自由に組み合わせて楽しみたいです。

15_アンティークフレーム_2


レクトホールの家具はできる限り装飾性をそぎ落としますが、フレームに関しては空間を豊かにしてくれる存在として、金色のデコラティブなものから、シックでシンプルなものまでご紹介しています。

作家の作品でなくとも、お気に入りのグラフィックや古紙、本の一部を入れて、アートやインテリアとしてもいいと思います。


また、裏板なしで枠のみを壁に掛けるだけでも、そこに特別な余白が生まれます。

15_アンティークフレーム_3


大切な空間に取り入れたいアイテムです。さまざまな小物たち、ぜひご覧下さい。


アンティーク&ヴィンテージフレーム
¥4,000+tax~

RECTOHALL(レクトホール)

クリーンでジェンダーにとらわれない服、装飾や汚れをそぎ落とし、シンプルで清潔感のある仕上がりを目指したアンティーク家具、個性が光る作家ものの器などを扱うショップ。デイリー連載「今日のひとしな」のコラム執筆は、オーナーの廣田佐知子さん。

 

東京都渋谷区恵比寿南2-15-6 greenhills GF  TEL 03-3716-1202

12:00~19:00 月曜定休  http://rectohall.com

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ