なんでもサンドな朝ごはん

器店主の朝ごはん
2017.04.09

「MISHIM POTTERY CREATION」ドヒマキコさんvol.2

 

こんにちは、4月の担当をさせていただいているドヒマキコです。

各地の様々な陶芸作家さんとコラボレーションしてつくりだした作品を、『MISHIM POTTERY CREATION(ミシン ポタリー クリエイション)』というブランドで製作・販売しております。

←vol.1はこちらから

 

2回目の朝ごはんはバゲットサンドです。

photo&text:ドヒマキコ 

 

3世代同居、6人家族のバタバタ朝ごはんはご紹介しましたが、ご飯にみそ汁組と、パン組、いろいろ組がいます。それぞれ別のものを用意するのは私の能力を超えているので、おかずはみんな一緒です。でもチョイスは自由。

今日のおかずは、コンビーフとじゃがいものマヨネーズ和え、しらす干し、人参のマリネとサラダ。あとは残り物を適当に(笑)。私はコンビーフとじゃがいものマヨネーズ和え、人参のマリネ、サラダを具に選んで、ミニバゲットのサンドイッチにしました。

s-サンド1

ミニバゲットとコンビーフは「こぶたのしっぽ」というハムとパンのお店のもの。コンビーフが絶品です。缶詰のコンビーフしか知らなかったので、目から鱗の美味しさでした。食べるたびに「嗚呼〜〜美味しすぎる〜!」と、声に出てしまうほど好きです。バゲットは表面がバリッとするまで温めます。

s-サンド2

カッテージチーズに蜂蜜をかけたものも。朝は必ず甘いものを口に入れたいのです!

緑色のものは、ハーブ入りガーリックバター。匂いは強烈ですが(!)味のアクセントになるので、ちょびっとだけ。きょうは撮影だからと小皿に入れてみました!

s-サンド3

サンドイッチのお皿とマグはskog(スクーグ)シリーズの器で、茨城県つくば市を拠点に活動する佐藤牧子さんとのコラボレーション作品です。

とても手の込んだ作品で、柄の印象が強いですが、実際はとても使いやすさを感じる器だと思います。フチが立ち上がっているので多少の汁物もOKですし、底が平らなのでとっても安定しています。マグカップも取っ手が平たく幅が広く、軽い力で安定して持てる工夫がしてあります。朝一番のコーヒーはこのマグで飲むことが多いです。

北欧の「森」をイメージしたskog(スクーグ)シリーズは4つの柄のお皿とマグカップがあります。

s-サンド4

写真はskog(スクーグ)シリーズを製作してくれている佐藤牧子さんの作品の一部ですが、ほんわかとして童話の挿絵をみているかのようです。この深めの黄色いボウルは、グラノーラの朝ごはんや、ヨーグルトを入れるのに大活躍してくれています!

 

2回目の朝ごはん、ちょっと見栄を張ってサンドイッチに具を挟みすぎたようです。。。家族から「今日のサンドイッチは苦しそうだよ」と言われてしまいました。。。

 

次回も宜しくお願いします。

 

*使用した器はONLINE SHOPにてご購入いただけます。

*各作家さんの作品は、HPやSNSなどの情報をキャチして手に入れていただければと思います。

 

←その他の「MISHIM POTTERY CREATION」ドヒマキコさんのコラムはこちらから

 

『 ももふく 』 『 H.works 』 『 イコッカ 』 『 夏椿 』 『 スタイル ハグ ギャラリー 』 『 うつわshizen 』 『 APT#207 』 『 黄魚 』 『 空音 』 『 工芸喜頓 』 『 ペドラー 』 『 うつわPARTY 』 『 テクラ 』 『 宙 SORA 』

MISHIM POTTERY CREATION(ミシン ポタリー クリエイション)
東京都文京区音羽2-6-12-102

東京メトロ有楽町線護国寺駅より徒歩3分。

作家とのコラボレーションによるオリジナル陶器を製作販売しています。

TEL: 03-3947-0409  不定期open

http://www.mishim.com

info@mishim.com

blog: http://mishim.exblog.jp/

facebook : https://www.facebook.com/mishim.info

instagram:https://www.instagram.com/mishim.pottery.creation/

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ