ひとつとして同じものはない、村上圭一さんの木製ボウル

今日のひとしな
2017.05.07

~ mar(マル)より vol.7 ~

木そのものの表情や個性をやさしく温かなまなざしで捉えて、それを生かしながらひとつひとつ作品を作り上げる村上圭一さん。この木製ボウルには、村上さんの木に対する誠実な姿勢が表れています。
 DSC_0355
中には、割れ、ひび、虫くい穴があるものも。けれども、村上さんはそれをそのまま受け入れ、唯一無二の一点に作り上げています。
 IMG_9587 (1)
また、ひびがあるものは、その部分が広がらないよう、真鍮で意匠的に美しく仕上げています。そんな細やかな気遣いも嬉しく、選んだ木製ボウルがどんどんいとおしく感じてしまいそうです。
DSC_0252 
ボウルの内側にはしっかりと、側面は流れるように、そしてあまり目にすることはない底面までも、ひとつひとつ丁寧に彫目が施されています。底、側面はしっかりとした厚みがありながら、フチに近づくほど薄くエッジをきかせた洗練された形。素材はさくらを使用し、クルミオイルと蜜蝋を混ぜたワックスが塗られています。
 DSC_0243
以前、「mar」のガラス越しから何気なく店内をご覧になっていたお客様が、村上さんの木製ボウルにひとめぼれをして、お買い上げいただいたことがありました。木製のボウルを探していたわけではなかったそうなのですが、あまりに素敵だったので、とそのお客様はおっしゃっていました。

木の持つ魅力を引き出して作られた村上さんの木製ボウルは、ただひとつとして同じものはないという、特別な存在感を強く思わされる一品なのです。

使うたび、触れるたびに感じる木のぬくもりは、そのまま、村上さんがその木と向き合った真摯な想いにつながっているかのようです。佇まいが美しく、飾るように使っていただきたい木製ボウルです。


村上圭一さんの木の器

 

←お店の紹介はこちらから

mar(マル)

毎日の生活に取り入れやすいシンプルな雑貨、丁寧に作られた手仕事の品、器や洋服、小物など少しずつセレクトしたお店。シンプルなホームページやオンラインショップのサイトも人気。「今日のひとしな」の執筆は、店主の原麻子さんと3人のスタッフが担当。

 

神奈川県鎌倉市由比ヶ浜2-5-1
TEL:0467-24-6108
営業時間:11:00-18:00
定休日:なし(臨時のお休みはサイトでご確認ください)
http://mar-select.com/
http://mar-store.com/

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ