ヴィンテージの機械で紡がれる、ガラボウソックス

今日のひとしな
2017.07.04

~ FESTINA LENTE(フェスティーナ レンテ)より vol.4 ~

明治時代に日本で開発されたガラボウ紡績機は、現在では数台しか残っていない貴重なヴィンテージの機械です。

s-1
そのガラ紡績機で紡がれたオーガニックコットンの糸を、古い靴下編み機で丁寧に編み立てているのがこちらのソックス。

s-2
ガラ紡績機で紡がれた糸は、現代の機械では出せない不均等ででこぼこした独特のムラ感が特徴です。

一点一点、表情が違う靴下が編み上がるので、似ているふたつの靴下を選んでペアにするという作業工程があるそうですよ!

s-3
作り手にとっては扱いにくいガラボウの糸。だからこそ、一口には語れないほどの魅力が詰まっています。

s-4
実はわたしもミドル丈を愛用しているのですが、どこか懐かしいやさしい風合いと、独特のムラ糸が織りなすなんとも言えない履き心地は、一度履いたらやみつきに。色は選べず、二色とも愛用しています。

s-5
生成りとチャコールグレー、どちらもなんだか愛おしい。

Natural & organic、昔ながらの機械からうまれるガラボウソックスのお話でした。

文・写真/Kasai Shiki

←お店の紹介はこちらから

FESTINA LENTE(フェスティーナ レンテ)

東京都千代田区神田錦町3-16-2F
Open:11-19/Holiday:Mon
t/03-5577-3071 f/03-5577-3072
m/info@festinalente.shop
Instagram
https://www.instagram.com/festinalente_selectshop/
Facebook
https://www.facebook.com/FESTINA-LENTE-937927549660997/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ