絶妙な手染めの色合い。ヴィンテージパーツを使った「musline(モスリン)」のハンドメイドバングル。

今日のひとしな
2017.07.07

~ FESTINA LENTE(フェスティーナ レンテ)より vol.7 ~

s-1
「musline」との出逢いは、本当に思いがけないものでした。

打ち合わせで吉祥寺を訪れた際、待ち合わせまで少し時間があったので、ふらっとお店に立ち寄ったのがきっかけ。

s-2
窓際に何気なく置かれていた瓶の中にディスプレイされた、美しい色合いのテープに目を奪われてしまいました。

オーナーさんが手染めでひとつひとつ丁寧に仕上げるハンドメイド。温度や湿度によっても色合いが変わってくるため、同じ色はほとんどなく、そのどれもが絶妙なお色味。

s-3
1950’s~1960’sのアメリカやフランスのデッドストックのパーツがあしらわれ、上品で繊細な空気を醸し出しています。

s-4
Tシャツやカットソー、シャツスタイルが多くなる季節に、他のアクセサリーや時計と一緒に身につけるだけで、なんだか気分がガラリと変わります。

s-5
どれにしようかと選ぶ時間も楽しいもの。
私もものすごく迷いながら、なんとか選びました。

すてきなカラーリングはさりげないファッションのアクセントとして。「musline」のハンドメイドバングルのお話でした。

文・写真/Kasai Shiki

←お店の紹介はこちらから

FESTINA LENTE(フェスティーナ レンテ)

東京都千代田区神田錦町3-16-2F
Open:11-19/Holiday:Mon
t/03-5577-3071 f/03-5577-3072
m/info@festinalente.shop
Instagram
https://www.instagram.com/festinalente_selectshop/
Facebook
https://www.facebook.com/FESTINA-LENTE-937927549660997/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ