日常と非日常。背中合わせの世界に生きる、「higurashi antiques(ヒグラシ アンティークス)」のアンティーク

今日のひとしな
2017.07.23

~ FESTINA LENTE(フェスティーナ レンテ)より vol.23 ~

昔から、母の影響で古いものがだいすきでした。

ただなんとなく、
そこにあるだけで美しい。

それは不思議な魅力で、幼いながらにその理由がなんなのか疑問に思っていたものです。

s-1
仕事前に立ち寄った蚤の市で「higurashi」さんのアンティークに出逢ったとき、
急に幼いころの疑問がわかったような気がしました。
s-2
「higurashi」さんのアンティークには、物語があるのです。

どうして今、ここにあるのか、そのものが経てきた背景まで知りたくなるようなストーリー。
s-3
「a thing for someone. それは誰かのためのもの。」
「higurashi」のオーナーである伊藤さんは、そう言います。

s-4
誰かにとって特別でなくても、
誰かにとってはかけがえのないものかもしれない。

日常と非日常が詰まったアンティークの数々をみていると、
想いが巡り、愛おしくてたまらなくなるのです。
s-5
誰かの物語を語り続ける、「higurashi antiques」のアンティークのお話でした。

文・写真/Kasai Shiki

←お店の紹介はこちらから

FESTINA LENTE(フェスティーナ レンテ)

東京都千代田区神田錦町3-16-2F
Open:11-19/Holiday:Mon
t/03-5577-3071 f/03-5577-3072
m/info@festinalente.shop
Instagram
https://www.instagram.com/festinalente_selectshop/
Facebook
https://www.facebook.com/FESTINA-LENTE-937927549660997/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ