1887年創業。ポルトガルからやってきた「CLAUS PORTO(クラウス ポルト)」のラグジュアリーソープ

今日のひとしな
2017.07.28

~ FESTINA LENTE(フェスティーナ レンテ)より vol.28 ~

s-1
ポルトガル第二の都市、ポルトで生まれた「CLAUS PORTO」のラグジュアリーソープ。
1887年の創業以来、伝統的な製造プロセスを守り続けてきた植物由来の石鹸は、別名「香りの宝石」とも呼ばれ、世界中で愛されてきました。

s-2
特徴は、究極の滑らかさ。
独自の技術で手間ひまかけて、丁寧に作られています。

s-3
こうして職人の手が随所に加わり作られた石鹸は、驚くほど長持ち。
「なかなか減らないので、香りをコンプリートするのはずっと先になりそう!」なんて、お客様とお話をするほど。

s-4
そして「CLAUS PORTO」の魅力は美しいパッケージデザインにも。

柄に沿ってエンボス加工が施されたラッピングペーパーのデザインは、創業当時から1000点以上ストックされたものだそう。
s-5
仕上げはハンドラッピングと、シーシングワックスで。

最後まで人の手で丁寧に作り上げられた「CLAUS PORTO」の愛すべき石鹸のお話でした。

文・写真/Kasai Shiki

←お店の紹介はこちらから

FESTINA LENTE(フェスティーナ レンテ)

東京都千代田区神田錦町3-16-2F
Open:11-19/Holiday:Mon
t/03-5577-3071 f/03-5577-3072
m/info@festinalente.shop
Instagram
https://www.instagram.com/festinalente_selectshop/
Facebook
https://www.facebook.com/FESTINA-LENTE-937927549660997/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ