前日の残りのクラムチャウダーとパンの朝ごはん

器店主の朝ごはん
2017.07.16

「器MOTO」鎌野明子さんvol.3

←vol.2はこちら

昔から好きだったクラムチャウダー。子供たちが独立してからは、なかなか作る機会がありませんでしたが、先日あるお店で、びっくりするほどおいしいクラムチャウダーに出会って、気持ちが再燃。私好みの味で、思わずお友達、主人を誘って3回も通ってしまいました。

自宅でも作りたいと思いつつ、あさりの砂出しが面倒で、なかなか手を出せずにいたのですが、あさり缶とベビーホタテ、ベーコンを使ってみたら簡単なのに、とてもおいしくでき上がりました。野菜はじゃがいも、玉ねぎ、にんじん、セロリ。ホワイトソースには豆乳を使ってあっさり仕上げるのが我が家流です。

IMG_3999

このクラムチャウダーは夕ごはんに作ったのですが、夫婦ふたりだと食べきれないことが多いので、残りものが翌日の朝ごはんになることもしょっちゅう。食パン、コーヒーと組み合わせれば、クラムチャウダーも朝メニューにもなりますね。

クラムチャウダーは増田勉さんの印花三島の5寸鉢と、村上圭一さんのサクラのスプーンで。箸置きは近藤桂さんのものです。パンは村上圭一さんの木皿。フルーツは前田一郎さんの緑のガラス小鉢、コーヒーには二井内覚さんの白いカップを使いました。

P6140193

村上圭一さんによる木の作品。クルミオイルと蜜蝋で仕上げたものと、鉄漿染(かねぞめ)のものがあります。細かい彫り目が美しく、いくら眺めていても飽きません。木は湿気を吸ってくれるので、パン皿にはぴったり。洗い物をしていても割れたり染みたりする心配がなく、とても優秀です。

 

←お店の紹介はこちら
→その他の「器moto」のコラムはこちら

『 ももふく 』 『 H.works 』 『 イコッカ 』 『 夏椿 』 『 スタイル ハグ ギャラリー 』 『 うつわshizen 』 『 APT#207 』 『 黄魚 』 『 空音 』 『 工芸喜頓 』 『 ペドラー 』 『 うつわPARTY 』 『 テクラ 』 『 宙 SORA 』 『 MISHIM POTTERY CREATION 』 『 黄色い鳥器店 』 『 神楽坂 暮らす。 』

器MOTO

細長い吹き抜け空間に、黒と白を中心とした器が並ぶ、一軒家の器店。コラム執筆は店主の鎌野明子さん。
東京都世田谷区桜丘5-3-7
TEL:03-6413-0950
営業日:木、金、土曜(定休日:日~水曜)
営業時間:11:00-17:00
http://www.utsuwamoto.com

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ